大内山雑記帳 

マルセイユ <ユニテ・ダビタシオン>8

設計:ル・コルビュジェ (1952年竣工)

まだ「ユニテ」です。
この集合住宅の一住戸の間口は、約4m。日本でいう2間間口を少し広くした位しかありません。そして、奥行方向に長い、いわゆる「ウナギの寝床」のような平面形をしています。
そのうち1/3ちょっとが、メゾネット(2層式)になっています。
日本人には、割と身体に馴染んだサイズではありますが(長屋的感覚・サイズ)、ここフランスでは、建設当初、そうとう非難ごうごうだったようです。

今日は、その間口幅を更に2分割して、個室にしている部分を紹介します。
東面・西面、両側にバルコニーがあります。これは個室側の窓。
e0040345_934274.jpg

窓側から個室を見返すと・・。
狭さを克服するために、隣の部屋との仕切りは引き戸になっています。(これも日本的)
e0040345_9383195.jpg

もう片方の個室を見てみます。
ほとんどの住人は、この引き戸を取り払って住んでいるそうです。
e0040345_9402616.jpg

この個室の手前には、こんな洗面スペースがありました。
e0040345_9412172.jpg

その洗面スペースと個室とは、次のような置き家具で仕切ってありました。
引き手のデザインを見て、これはオリジナルだな・・・と。
e0040345_9455886.jpg

by ouchiyama-archi | 2006-03-01 09:43 | ル・コルビュジェ
<< マルセイユ <ユニテ・ダビタシ... マルセイユ <ユニテ・ダビタシ... >>



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧