大内山雑記帳 

<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

葛西臨海公園から水上バスに乗る

なんとまあ、飛び飛びのブログになってしまったことか・・・・

少し前までは、ブログを書くことが楽しくて楽しくて、ちっとも苦にならなかったのに
人間の想いというのは、同じ気力が続くことはないようで・・・結構、気力萎えてます

続けることは、別段義務でも何でもないのですが、自分自身で新鮮味が無くなるというか
ワクワクするような気持ちを持ち続けることが出来なくなってくると、やる気が失せていきます

どこまで続けられるか分かりませんが、気を取り直して頑張ります

葛西臨海公園には、野鳥を観察できるエリアも結構な広さで残してあります
e0040345_1819440.jpg




e0040345_18191957.jpg




葛西臨海公園から水上バスに乗りました・・・お台場行きです
水上からレストハウスの様子を眺めます
e0040345_18202592.jpg




人は水辺に惹かれるものです・・・・自然な浜ならもっといいでしょうに・・・
e0040345_1821779.jpg




水上バスから見える橋、くぐる橋
e0040345_18221539.jpg




e0040345_18222819.jpg




e0040345_18224184.jpg




水上から見る東京の街並みとスカイツリー
e0040345_18232739.jpg




コンクリート製の大きな構造物・・・防波堤でしょうか
e0040345_18241036.jpg




意味不明の構造物
e0040345_1824372.jpg




e0040345_18244956.jpg




お台場が近付いてきました
e0040345_18252088.jpg




e0040345_1825328.jpg

by ouchiyama-archi | 2013-03-30 18:26 | 東京うろうろ

葛西臨海公園 展望レストハウス

設計:谷口吉生

水族園の隣に建つ展望レストハウスへ向かいます
e0040345_1632539.jpg




ここでちょっと、葛西臨海公園全体の配置図をご紹介
e0040345_16325786.jpg

家族連れがいっぱい・・・・一日遊べそうです



浜側からレストハウスを見る
e0040345_16334826.jpg




e0040345_163442.jpg




e0040345_16341798.jpg

透けたガラスBOX、重量感を極力無くして軽く薄く細く透明な箱を目指しているようです



インターネットから画像を拝借
e0040345_163624.jpg




e0040345_16361476.gif




内部はスロープを巡らして、グルグル回りながら臨海公園を見ながら資料を見ながら・・
e0040345_16371745.jpg




e0040345_16373058.jpg




e0040345_16374457.jpg




e0040345_16375559.jpg




e0040345_1638858.jpg

視線の抜け方、外の公園や景色の見せ方・・・色々楽しめます



レストハウスからの眺め
e0040345_16392351.jpg




e0040345_16393752.jpg

by ouchiyama-archi | 2013-03-26 16:39 | 東京うろうろ

葛西臨海水族園 の生き物達

葛西臨海水族園の生き物たち
e0040345_0184573.jpg




e0040345_019060.jpg




e0040345_0191229.jpg




e0040345_0192439.jpg




e0040345_0193763.jpg




e0040345_0194994.jpg




e0040345_020156.jpg




e0040345_020128.jpg

ペンギンエリアもありました
波が作ってあって、ペンギンが一生懸命泳ぐ練習をしていましたが
流されては何度でもチャレンジを続けていました
後で、脱走ペンギン(いくつもの障壁を乗り越えて自由を手にしたツワモノ)の話を聞き
あの一途な姿を思い出したことでした
by ouchiyama-archi | 2013-03-23 00:23 | 東京うろうろ

葛西臨海水族園

設計:谷口吉生

東京ウロウロ、今回紹介しているのは3泊4日の最終日です
3泊したのは品川駅近のグランドプリンスホテル新高輪(何度か紹介してますが)
結構、私のお気に入りです
e0040345_22385782.jpg

設計:村野藤吾
都心にも関わらず緑に溢れ、落ち着けるのがいいですね


東京最終日、行き先は葛西臨海水族園・・・どちらかと言うと建物を見に行きます
谷口吉生の代表作の一つです
e0040345_22415392.jpg




e0040345_2242968.jpg

水の上にぽっかりと浮かぶガラスドーム
建築として目に入るのは、このガラスドームだけです



e0040345_22431884.jpg




e0040345_22433080.jpg




ガラスドームの中
e0040345_22435424.jpg




e0040345_2244643.jpg




外廻りの風景
e0040345_22443119.jpg




e0040345_22444673.jpg




e0040345_22445816.jpg



余談ですが、伊東豊男氏が今回プリッツカー賞の受賞が決定とか
(プリッツカー賞とは、建築のノーベル賞とも言われています)

お弟子さんの妹島さんが先に受賞していたので
あれ?伊東さんは?くやしい想いをしてはるのでは・・・と心配していたのですが
(大きなお世話でしょうが・・・)よかった、よかった・・・と安堵しました
by ouchiyama-archi | 2013-03-21 22:50 | 東京うろうろ

古代ガラス展のお知らせ

突然ですが、「古代ガラス展」のお知らせです

大英博物館の名宝が特別出展される展覧会で
MIHO MUSEUM にて、開催されます
3月9日(土)~6月9日(日)
e0040345_17165930.jpg




e0040345_17182020.jpg




義兄の松島巌作品も展示されます
e0040345_17213666.jpg





e0040345_1721191.jpg




展覧会関連講演会も5月12日、南レクチャーホールにて開催
e0040345_17235791.jpg





ミホ美術館は、ルーブル美術館のガラスピラミッドと同じ、I・M・ペイの設計です
建物を見学して
かつ、なかなか目にすることができない大英博物館のガラス作品を眺め
松島巌の現代コアガラスも一緒に観覧していただけると嬉しいです

ミホ美術館場所
e0040345_17293337.jpg

滋賀県甲賀市信楽町田代



ミホ美術館の写真
e0040345_17354799.jpg




e0040345_17361193.jpg

by ouchiyama-archi | 2013-03-20 17:36 | その他

日光から戻る

東京に戻ってきました
電車は、スカイツリーのすぐそばを走ります
e0040345_1549057.jpg




e0040345_15491483.jpg

感動してたのは私一人・・・・?



水門、遊覧船
e0040345_1550334.jpg




e0040345_15501559.jpg




アサヒビールタワー、スーパードライホール・・・金色オブジェの姿
e0040345_15511366.jpg




e0040345_15512490.jpg




浅草寺へちょっと寄って・・・・
e0040345_1552423.jpg




e0040345_15521531.jpg




e0040345_15522835.jpg




e0040345_15524032.jpg




e0040345_15525348.jpg

長年の懸案事項であった「もんじゃ焼き」を食べて、ホテルへ戻りました
by ouchiyama-archi | 2013-03-18 15:53 | 東京うろうろ

日光  東照宮 7

そろそろ、東照宮ともお別れです

陽明門をくぐって、元来た参道を帰ります
e0040345_22575824.jpg




e0040345_22581278.jpg




e0040345_22582757.jpg




参道・杉木立です・・・道幅は結構広いので、立派な行列が通ったことでしょう
e0040345_22594991.jpg




e0040345_230210.jpg




e0040345_230167.jpg

徳川幕府が倒れたあと、明治政府の庇護はあったのでしょうか・・・・
現在は定期的に手を入れて、保存に努めているとか
基本的には、徳川家康を神と祀る神社ですが、造りが他とはチト違うような・・・



帰りは駅まで歩きました
e0040345_2345680.jpg




e0040345_2351031.jpg




e0040345_2352210.jpg




e0040345_235359.jpg




e0040345_2354730.jpg

by ouchiyama-archi | 2013-03-17 23:06 | 東京うろうろ

日光  東照宮 6

日光・東照宮の案内を続けます

眠り猫彫刻の下を通り、奥院へと上ります
長い階段を上り、山上へと向かいます・・・・階段は大の苦手です・・・・
e0040345_15354688.jpg




御宝蔵・・・外部を青銅で包んでいるとかで、妙な質感を持った建物でした
e0040345_15375475.jpg




e0040345_1538653.jpg




e0040345_15381976.jpg




e0040345_15383180.jpg




鋳抜き門
e0040345_15385974.jpg




e0040345_15391179.jpg




e0040345_15392595.jpg




奥宮御宝塔・・・・家康の墓所になります
e0040345_15403730.jpg




e0040345_15405051.jpg




おみくじを引く参拝者たち
・・・・マイオットは一貫して家康を神と祀る神社はケシカランというスタンス
e0040345_1542767.jpg




階段を上った分、帰りは、また下っていかなくてはなりません
e0040345_15424122.jpg

by ouchiyama-archi | 2013-03-14 15:43 | 東京うろうろ

坂茂・・・木組み

3月11日を迎えました
2年が過ぎたことになります

復興が遅れている、手付かずだ、何も変わっていない・・・・
政治は?行政は?寄付金は?復興支援金は?

マスコミは色々な声を上げていますが、阪神淡路大震災でも復興には10年を要しました
阪神淡路大震災は、東北大地震に比べたら、狭い地域での都市型災害でした
でも、東北大地震は、岩手北部から関東まで、総延長は何百キロに至るでしょう・・・

西宮市に住んでいて、ほんの数駅先の大阪まで出たら
何事も無かったような日常生活が営まれていた・・・という風景に衝撃を受けた記憶があります

3・11大地震では、長い長い海岸線沿いに、甚大な被害が発生したのです
加えて、福島の原発事故
まだまだ、復興には長い時間がかかるでしょうが、頑張ってください・・・・


さて、日光東照宮ご案内の途中ですが
新聞で「坂茂」さんの建築を扱った記事があり、どうしても気になったので先に紹介します
e0040345_1061728.jpg




この中で、ハノーファー万博日本館の設計・・・という記事を見つけ
私のハノーファー万博跡の紹介で、木組み大屋根を坂茂さんの設計とご紹介したのは
間違いであった・・・と判明しました
e0040345_109380.jpg

ここに、訂正してお詫び申し上げます

・・・で、あの大屋根はだれの設計か・・・・ご存知の方がありましたら、教えてください

追記:下記コメント欄にて、PAOさんからご教示いただきました
「坂茂」で間違いなかったようです

Participants
•Shigeru Ban (architect)
•Frei Otto (consultant)

Owner
• JETRO Japan External Trade Organization

Structural engineering
• Buro Happold Consulting Engineers

Consulting
• Atelier Warmbronn

General contractor
• Takenaka Corporation

Material supplier
• Taiyo Kogyo Corporation (membrane)

Cable steel supplier
• Pfeifer Seil- und Hebetechnik GmbH ★
by ouchiyama-archi | 2013-03-11 10:10 | ハノーファー便り 11.08~09

日光  東照宮 5

仕事が忙しいこともあるけれど、どうも、私にはサボり癖がついたようで
なかなかブログUPが出来ません
もう少し、休み休みUPしていっていいのかもしれません

東照宮を続けます

神輿舎です
e0040345_8594366.jpg




e0040345_9004.jpg




e0040345_901686.jpg




e0040345_903044.jpg

正面には虎2頭



e0040345_90455.jpg

たくさんの龍



神輿です・・・・犬が浮き彫りされているような・・・・
e0040345_913897.jpg




e0040345_915384.jpg




細部を見てみると・・・・
e0040345_921930.jpg

正面は緑に、コグチを赤に塗ってあるので、角度によって見え方が違います



e0040345_933483.jpg

中国風の衣裳を身に着けた人物は、さてはて、何者なのでしょうか



e0040345_945638.jpg




もう少し先へ進むと、「眠り猫」で有名な彫刻・・・意外と小さいのです
e0040345_954746.jpg




e0040345_9636.jpg


基本的に、徳川家康を神と祀った神社・・・ということもあって、あまり有難味を感じず
造り込まれた装飾にも共感せず、何故か異国の風情を感じてしまう

「日光へ行かずして結構と言うなかれ」

江戸時代の庶民も、東照宮を目にすることが出来たのでしょうか
どこまで入場を許されていたのでしょうか・・・・
by ouchiyama-archi | 2013-03-08 09:14 | 東京うろうろ



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧