大内山雑記帳 

<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

バージュ・ハリファ周辺

一雨ごとに寒く(涼しく?)なっていきます
今日は、9月最終日・・・30日です
9月末でも、まだエアコンをつけていた年がありましたから、今年は普通・・・?


ドバイ報告は、バージュ・ハリファの周辺です
足元右側に、巨大なショッピングモールがあり、その前に人工池
e0040345_9123167.jpg




e0040345_973642.jpg




e0040345_97533.jpg

ボートを引く人が見えますが、池の深さは胸のあたりまで



e0040345_98929.jpg

右側の黄色い建物が、ショッピングモールです
朝早くて、まだ開いていません・・・・そんな時間から、私たちは動いています




写真撮影を終えて、また、バスに乗り込みました
バージュ・ハリファの反対側・・・ホテル・アルマーニ入口側へ回ります
e0040345_910958.jpg




e0040345_9102736.jpg




e0040345_910482.jpg




e0040345_9111591.jpg




e0040345_9113161.jpg

人の気配がありません
建物竣工間際なのか、早朝のせいか、未入居なのか・・・・・



e0040345_9114760.jpg




e0040345_912447.jpg

まだまだ、工事中の建物がたくさんあるのですが
誰が住むのだろう、こんなに事務所スペースが必要?・・・疑問だらけです
by ouchiyama-archi | 2010-09-30 09:14 | ドバイ・中欧の旅 10.08

バージュ・ハリファ(ブルジュ・ハリファ)  <ドバイ>

つい1週間前、9月22日までは、日中30度を越す暑さでした
この調子でいくと、9月いっぱい、30度を越す猛暑日が続くのではないか・・・・

ところが、私が岡山へ出かけた9月23日の雨で、いっぺんに秋が来て寒く(涼しく?)なり
今朝出勤の車表示では、外気温19度となっていました
ヒュウヒュウ吹く風も木枯らしのようで、すぐ冬が来るのではないかと心配になります



ブログは、暑い暑いドバイ報告なのですが、その暑さの実感が薄れてしまいます
記憶も薄れないうちに、報告を続けます

昨日の写真に写っていたビルに、PAOさんが、コメント欄で解説を付けてくれました
転記します・・・もしよろしければ、昨日の写真も一緒にご覧下さい
*************************************
最後の写真の手前に見える外装が曲面のビルは
BD12&13プロジェクトでSamusngが施工中です。(30階&36階) 

又、最後から2枚目の写真のメトロ駅左側空き地はBD4,5&6プロジェクトの建設予定地で
Samsungが設計支援をしていましたが工事が中断しています。(53階建2棟)
 
共に、以前SOMに居た構造設計者をSamsungが雇用して設計段階から営業をしています。
このStaffは中東出身でアラビア語のNative Speakerです。
私の数少ない友人でもあり現場配属になる前は色々と支援をしていました。
**************************************
その外装が曲面のビル2棟です
e0040345_9163545.jpg




さて、バスを降りて、バージュ・ハリファ(ブルジュ・ハリファともいう)の見学です
・・・・塔に登るのは、夕方、今は写真撮影だけです(ラマダンで展望台は日中閉鎖中)
e0040345_9191154.jpg

手前のビルを一緒に写すと、バージュ・ハリファが大きく見えない・・・・・



e0040345_9201719.jpg




e0040345_9203667.jpg




e0040345_9205279.jpg




e0040345_921848.jpg




e0040345_9212568.jpg

こんなにたくさん、同じ写真はイラン・・・ですか?
まあ、そう言わずに、お付き合いください
それにしても写真で見ると、なんだか「合成写真」でも見るような色合いです



e0040345_9235040.jpg
e0040345_924123.jpg





e0040345_9244237.jpg

e0040345_9245819.jpg

e0040345_9251216.jpg

ビル外装材のテクスチュアも合わせてご覧下さい


後で気付いたのですが、
私のカメラ(SONY)は、パノラマ撮影の機能がついているのでした
こんな時、それを使えば、上から下まで1枚で撮る事ができたのだ・・・・と思います
・・・・こういうのを、「後の祭り」と言うんですね
by ouchiyama-archi | 2010-09-29 09:28 | ドバイ・中欧の旅 10.08

ホテルを出発   <ドバイ>

カメラを2台持ち歩いた弊害が、そろそろ、出てきました

フォルダの中の写真が、時系列になっていないので(1台のカメラの中では時系列)
どこでカメラを持ち替えたのやら、どんな順番で見て回ったのやら
特捜部ではないけれど、日付けと撮影時間を確かめながらの整理が必要となりました

昨日は現場に時間がかかり、事務所に戻ってからは写真の順番を解明するのに手間取り
そうこうしている内に、飛び込みで相談事が入り・・・・とうとうブログUPできませんでした

昨日の相談事はひどい事案だったので、また、日を改めてご紹介したいと思います
(管理組合からの相談:福祉介護リフォームと称して、
 名のある業者が共用部分である浴室の床スラブをハツリ落としてしまった事件)



さて、ドバイ視察
朝食を済ませ、いよいよ、出発です・・・・バスを使います

ホテルを出てすぐの信号待ちタクシー
e0040345_8485886.jpg




パサパサ街路樹・・・緑の色が日本とは大違い
ビル足元も、相変わらず砂地です
e0040345_8501077.jpg




e0040345_8502876.jpg




e0040345_8504355.jpg




芝生の緑が定着しているところもあります
・・・・赤線で示したところに散水チューブが走っています(芝生全体に満遍なく)
e0040345_8515689.jpg




e0040345_8521896.jpg

ギッシリ敷き詰められた散水チューブ無しでは、芝生は生きていけません



芝生をいずれは植え込むつもりでしょうか・・・・ただの砂地
e0040345_853076.jpg




地下鉄駅、公共交通駅
e0040345_85331100.jpg




e0040345_8535142.jpg




ようやくお目当ての「バージュ・ハリファ」が見えてきました
e0040345_854319.jpg

高さ 828m
by ouchiyama-archi | 2010-09-28 08:54 | ドバイ・中欧の旅 10.08

ホテル客室 水廻り    <ドバイ>

祝日を利用して1泊2日で、両親・妹と共に、岡山へ行ってきました

松島巌さんの「世界のガラス展」 

 松島千紗さんの「Layered Colors展」
を廻り、その美しい色使い・作品世界に魅了されて、充実した時を過ごしてきました
まだその余韻に浸っています

その報告もしたいのですが、これは、今の旅行報告が終わってから・・・・・
・・・となると、一体いつ頃になるやら、見当も付かなくなるのでちょっと考え中・・・
少々、お待ちください・・・・・


さて、建築研修の旅報告は、ドバイの宿泊ホテル客室の、水廻りへと続きます
(今までは客室・水廻りは1回で報告していたので、写真の多さが思いやられます)


トイレ部・・・・写真左手に写っているのがアラブ式ウォシュレットシャワー
e0040345_13333995.jpg




洗面廻り
e0040345_1334987.jpg




e0040345_1334277.jpg




バス廻り
e0040345_13344794.jpg




e0040345_1335341.jpg




写真を撮り忘れていたのですが、バス天井には蓮の実のような固定シャワーヘッド
e0040345_1336129.jpg




水栓金具の操作がちょっと分かりにくかったかな・・・・・・



さて、ドバイ滞在中計画していたことに、砂漠を4輪駆動車に乗って走り回り
砂漠のテントでバーベキュー&スーク(現地の古い市場)でお買い物
・・・というのがあったのですが、8月11日から現地ではラマダン(断食月)に入り
全てキャンセルとなりました
e0040345_13492651.jpg

日中は、食べ物も、厳密に言えば水さえも、口にしてはいけない・・・そうで
スークはお休み、バーベキューもダメということで、私たちは諦めるしかありませんでした


外国人にラマダンを強要することは無く
現地の人の目に触れないようにすれば、飲食は出来るということでした
早朝のホテルで、朝食をいただいたのですが
白い布に覆われた食堂・・・・道路から、ロビーから見えないように工夫されていました
・・・・・その写真がありません・・・残念・・・
by ouchiyama-archi | 2010-09-26 13:49 | ホテル

宿泊ホテルの客室    <ドバイ>

朝日が昇って、まだ間が無い頃、宿泊ホテルに到着
すぐ、部屋に入ることができました

「フォーポインツ バイ シェラトン バール ドバイ」 四つ星

客室
e0040345_942326.jpg




e0040345_94392.jpg




e0040345_945752.jpg




壁掛け薄型TVは韓国製・LGでした・・・・日本は負けとるがな・・・・
e0040345_951126.jpg




部屋から水廻り室方向を見る・・・・ガラス壁+木製ブラインドの構成
e0040345_953558.jpg




e0040345_955081.jpg

最近の流行です
壁厚がない分、空間的に広くなるし、視線が抜けることで、さらに広がり感UP
私は落ち着かないので、好きではありませんが・・・・



クロゼットは、ドアを開けると照明が灯り、中にはアイロン+アイロン台が設置
長期滞在客、ビジネスマン等が利用するのでしょうか
e0040345_96732.jpg




e0040345_962373.jpg




照明
ベッドヘッドには、枕元をピンスポットで明るくさせる自在型のLED照明
e0040345_97269.jpg

日本の住宅で、これを採用しようとすると、まだまだ高価



デスクの照明スタンドも、ソファ廻りのフロアスタンドもLED
e0040345_971825.jpg




e0040345_973324.jpg

ちょっと、輝度が高く感じるのが難点か・・・・
by ouchiyama-archi | 2010-09-22 09:07 | ホテル

宿泊ホテル周辺

ドバイの宿泊ホテルで貰った「ドバイ案内地図」です
e0040345_857187.jpg




バージュ・ハリファ(ブルジュ・ハリファ)やパーム・ジュメイラ(椰子の葉埋立地)
ドバイ国際空港・・などが確認できますが、メイダン競馬場の絵が見当たりません


私たちの宿泊ホテルは、運河左岸の比較的古い地区にある四ツ星ホテルです
そこまでの道中景色の続きです
e0040345_913119.jpg




e0040345_914794.jpg




e0040345_92375.jpg

地下鉄駅は、かなり目立つ外観で、よい目印になっていると思います

それにしても、建物足元周り、道路周辺が工事途中と言うか、中途半端な仕上がり
・・・・・・日本人の感覚からすれば、何で? という思いにさせられます

PAOさんからの情報によると、たくさん写っている高架は日本の受注物件ではないか
大赤字に泣いているとか・・・・・受注高の3倍の費用がかかって、
なおかつその追加工事費が回収できないとなると、一体ナンなんだ!と怒りたくなる
日本企業が甘いのか、向こうの人が狡猾なのか、契約社会に慣れていなかったのか
どんな落ち度があって、日本企業の大赤字発生・・・という事態になったことやら・・・


中東の原発受注合戦では、韓国が最後に大統領が出てきて、
トップセールスで原発を受注したというニュースを見ましたが
そちらは、工事が終わってみると大赤字・・・という心配は無いのでしょうか・・・・
日本の姿勢・態勢・契約事情・・・海千山千の諸外国相手に戦うというのは
大変なことなのでしょうね

日本は何といっても内向き
かつ、性善説というか、相手は良い人・・・という感覚が抜けきらない
でも、相手が良い人と思う、その感性を無くしたくはない・・・と思うのですが
契約社会というのは、多分、そんな情緒的なものではないのでしょうけど・・・・
外国を相手に商売をしている人・・・・頑張って下さい!!


到着したホテル前の風景です・・・・下町的
e0040345_9191719.jpg




e0040345_9193180.jpg




e0040345_9194476.jpg

ホテル看板です・・・・シェラトン四つ星
by ouchiyama-archi | 2010-09-21 09:19 | ドバイ・中欧の旅 10.08

ドバイの日の出

ようやく朝日が顔を見せ始めました
山が無い場所柄、朝日はビルの陰から出てきます
バスの中から捉えた、ドバイの日の出・朝日です

e0040345_1325036.jpg




e0040345_133297.jpg




e0040345_1334412.jpg




e0040345_1335841.jpg




日の出と共に、出稼ぎ労働者を乗せたバスが、何台も走ります
私たちのバスは、冷房が効いていますが、彼らのバスは冷房の無いものが多いようです
お疲れモードの労働者・・・・まだ眠いですよね
e0040345_1355622.jpg




e0040345_1361081.jpg




e0040345_1362733.jpg




e0040345_1364155.jpg




ドバイの偉い人(?)の看板でしょうか、ドバイ人は人口の2割程度とか
他の8割は、出稼ぎ労働者で占められているそうです
e0040345_138022.jpg

by ouchiyama-archi | 2010-09-19 13:08 | ドバイ・中欧の旅 10.08

宿泊ホテルへ向かって

バスは、ドバイ中心部を通って、私たちの宿泊ホテルを目指します

世界一高い「ブルジュ・ハリファ」828m を視界に入れながら、写真を撮りました
e0040345_14572177.jpg




e0040345_14573777.jpg




e0040345_14575276.jpg

手前の茫々たる原っぱ(と言うほど緑は無いけど)は、ナンなんでしょうね



e0040345_1458813.jpg




e0040345_14582887.jpg




e0040345_1458584.jpg




e0040345_14591294.jpg

都心部に入っても、相変わらず足元は砂地でした
空には、いよいよ朝日が昇る気配がしてきました



e0040345_14593059.jpg




e0040345_14595083.jpg




e0040345_150747.jpg




地下鉄駅・・・オーム又は、蚕の繭のような形状
e0040345_1504040.jpg




世界一高いビル 828m については、
人間の傲慢さ・バカさ加減の象徴かと思っていましたが、意外とそんな高くは感じない
圧倒的な自然のスケールの中では、所詮知れてるってことでしょうか・・・
by ouchiyama-archi | 2010-09-18 15:03 | ドバイ・中欧の旅 10.08

メイダン競馬場を離れて

メイダン競馬場&ホテルを出発して、私たちの宿泊ホテルへ向かいます

ドバイワールドカップ競馬が行われる時、世界中から人が集まってくるわけで
当然、競馬場周辺は、巨大な駐車場となっています
e0040345_9144068.jpg




e0040345_9145384.jpg




e0040345_9151059.jpg




e0040345_9152577.jpg

日本でならどうってこと無い芝生広場ですが、これが大変な努力で維持されているのです
どこにでもある・・・という芝生ではありません


************************************
追加記事
コメント欄にPAOさんが、駐車場の形に付いて教えてくれました
転記します

ホテルの巨大駐車場は空から見るとPhoenixか何かの鳥をベースに設計されたと聞きました
参考Webサイトは http://www.meydan.ae/about/

e0040345_15101840.jpg


こんなに立派な駐車場とは、知りませんでした
地面を走っていると、この姿はわかりません
一番奥が、1周2000mの競馬場です

************************************



ドバイ中心部が見えてきました
e0040345_9183740.jpg




その途中にあった、送電線鉄塔の列
高圧線を送る鉄塔が、4列も並んで続いていました
日本では、まず見ることが無い風景です・・・・なかなか迫力がありました
ドバイ市街に電気を送っているのでしょう
e0040345_9211121.jpg




e0040345_9215485.jpg




e0040345_922718.jpg




e0040345_9222266.jpg




鉄塔の列を通り過ぎると、中心部がさらに近付いてきました
e0040345_923117.jpg

by ouchiyama-archi | 2010-09-17 09:23 | ドバイ・中欧の旅 10.08

持参カメラについて

実は、旅行出発の2週間ほど前に、1眼デジカメを買いました(!)
私にとっては大決心の衝動買い

持っていたコンパクトデジカメの画像が気に入らず
かといって、1眼デジカメの大きな重たいカメラを持ち歩いて使うかというと
・・・全く自信は無く、買おうか止めようか、ず~っと迷っていました

そこに登場したのが、小さな1眼・・・そして最後に出てきたのが「ソニー・NEX-5」
安いものではないのですが、旅行に行く前、チャンスは今!と、買ってしまいました

ですから、今回の画像は、メインが1眼、時々コンデジ・・・という構成です
使い方もマスターできないまま出発しましたから
コンデジと同じ、「オート(お任せ)」使いです・・・・ちょっとトホホですが・・・


今まで使用のコンパクトデジカメ
e0040345_9371469.jpg




新しく買った 1眼デジカメ
e0040345_9374168.jpg




e0040345_9375490.jpg




大きさは、ほとんど一緒ですが、厚みはレンズ分どうしても厚くごつくなります
でも、使い勝手は、ほとんどコンデジ感覚で撮ることができます
ただ、コンデジは電源を入れると同時に、レンズの蓋が自動で開くのに対して
1眼デジでは、キャップを自分で外さなければなりません

そのせいで、電源入れても写らないとか(蓋の取り忘れ)
レンズキャップがすぐどっかへ行ってしまうとか・・・・慣れるには時間がかかりました



カメラを2台持って行ったので、画像管理が、今回は少し複雑
両方できちんと時間列に並べばいいのですが、カメラごとになるので
どこでカメラを持ち替えたのか、撮影時間をチェックしなくてはなりません


コンデジで撮った「メイダンホテル」風景
ドバイ中心部を眺める
e0040345_9484134.jpg




e0040345_9485419.jpg




ホテル外観
e0040345_9491599.jpg




e0040345_9493289.jpg




ホテル内部
e0040345_9495692.jpg




e0040345_9501261.jpg

どうでしょう・・・・・
画像の違いが分かるでしょうか
暗いところでは、1眼は威力を発揮、明るいところではそんなに違いがハッキリしないかも


*************************************


さて、追加でお知らせです

松島巌さんの長女で、松島千紗さん(私の姪っ子です)の個展のお知らせ

Layered Colors

e0040345_1034073.jpg




e0040345_104127.jpg


包帯を染色して作品を展開
質感のある色彩が積み重なり、現れる陰影の世界を楽しんで頂ければ幸いです
(案内の葉書より抜粋)

場所:ギャラリー やぶき

住所:岡山市中区浜2-2-38(夢二美術館東)

期間:2010年9月16日(木)~28日(火)

時間:10:00am.~6:00pm. 
        (水曜休廊、最終日4:00pm.まで)
by ouchiyama-archi | 2010-09-16 10:00 | ドバイ・中欧の旅 10.08



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧