大内山雑記帳 

<   2010年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

若狭姫神社

昨日の若狭彦神社の下社となっておりますが、「若狭姫神社」と呼ばれています

案内文によると、「龍宮伝説で名高い豊玉姫をたたえて奉祀」・・・と書いてある
ふ~ん、名高い・・・・んだ・・・・・

e0040345_9221176.jpg




彦神社と同じような造りで、本殿があります
本殿脇の巨木
e0040345_92302.jpg




e0040345_923209.jpg




e0040345_9233716.jpg




e0040345_9235348.jpg




境内・・・・そして大銀杏
e0040345_9243920.jpg




e0040345_9245791.jpg




e0040345_9251544.jpg




e0040345_9253377.jpg

by ouchiyama-archi | 2010-03-31 09:25 | 熟年の会

若狭彦神社

若狭彦大神を祀った神社です
e0040345_1085122.jpg



古そうな建物群です・・・・門や社などなど・・・・
e0040345_109426.jpg




e0040345_1095793.jpg




e0040345_10101363.jpg




本殿はさすがに立派
e0040345_10104033.jpg




e0040345_10105473.jpg




こういう古い神社には、大きな木がつきもので、そんな大木を見るだけでも価値あり
e0040345_1012527.jpg




e0040345_10122075.jpg




e0040345_10123744.jpg




苔むした舗石
e0040345_10131640.jpg

by ouchiyama-archi | 2010-03-30 10:13 | 熟年の会

小浜  その3

昨日、NHK大河ドラマで丁度「龍馬脱藩」をやっていました

1862年3月24日・・・・龍馬脱藩

前にも書きましたが、1861年からアメリカは南北戦争に突入していて
日本にかまっている余裕はなかったと思います

明治維新は1868年、龍馬が死ぬのは1867年・・・・あと5年しかないのです
・・・・・たった5年・・・・・

ところで、あのドラマを見ていて疑問に思ったこと
龍馬の仕事は無いのでしょうか
兄は家督を継いで、お城の仕事(いや、藩主の墓守でしたか)をしているとして
家の次男には、お城勤めは無かった・・・?下士には登城の義務は無かった・・・・?
では、仕事も無く、毎日剣術の道場へ通うのが日課・・・?
その辺りは、どうだったのでしょうね



さて、新宮寺の続きです
寺の境内にあった、御茶所です
e0040345_9145971.jpg




e0040345_9151432.jpg




e0040345_9152912.jpg




軒先ディテール
e0040345_9155834.jpg




内部
e0040345_920082.jpg




e0040345_9201948.jpg




e0040345_9203834.jpg




石積みと苔と
e0040345_9213216.jpg

それにしても、御幣と注連縄・・・・神社のモノなのですが、ここはお寺です・・・
by ouchiyama-archi | 2010-03-29 09:22 | 熟年の会

小浜 その2

小浜で知っていること
・・・・オバマ大統領に、「オバマ」という音が一緒だから応援している
   というメッセージを送った・・・・ということ位しかありませんでした

どこを回ったのかよく分からないまま、画像の順にUPです


古いです、石とかが苔むしています
e0040345_13263671.jpg




こういう古いところには、大木があり、それが大きな存在感を放っています
e0040345_13272832.jpg




e0040345_13274488.jpg




e0040345_1328519.jpg




奈良のお水取りに水を送る水源の井戸だそうです
e0040345_13285078.jpg




e0040345_1329571.jpg

う~~~ん、意味はよく分かりません



神宮寺本堂・・・・神宮が寺・・・・?
e0040345_1329591.jpg




e0040345_13301578.jpg

お水送り堂・・・と書いてあります



e0040345_13302956.jpg




e0040345_13304457.jpg

神社か寺か・・・・御幣としめ縄・・・・
by ouchiyama-archi | 2010-03-28 13:30 | 熟年の会

熟年の会 in小浜    <2009.10>

写真が枯渇しつつあります
そんな中、去年の10月中旬の「熟年の会」をまだUPしていないことが判明
それを紹介していきます

その前にちょっと私たちの「熟年の会」の成り立ちなどを・・・・

「熟年の会」とは、建築仲間・6組の夫婦が集まって、年に1~2回、遊んでいるだけのこと
夫同士が友人知人でも、その妻達となると、共通項がそうある訳ではありません

ですから初回は4組の夫婦がただ食事を一緒にして、お互いの顔合わせから始まりました
ちょうど世間的には、これからは「夫婦の時代」が始まる・・・と言われていた頃でした

そこですっかり意気投合した私たちは、お互いの家を訪ねて付近観光+食事をして
・・・という関係に進み、更に2組を加えて、6組に成長し
家で料理を作るのは負担になるからと、観光と外での食事に切り替わり
更には1泊旅行へと変身・成長を遂げたのです

いい年をしたおじさん・おばさんの集まりなのですが、これがまた楽しいのです!

「熟年の会」とは、仮の名前のはずだったのが、すっかり定着してしまい
何とかもっとスマート(?)な名前に変更したいと思いながら、今に至っています

で、その「熟年の会」in小浜での写真です・・・・宿に泊まるプランとしては、2回目です
企画は順番に、持ち送りとなっています

さて、その小浜での観光ですが、何しろ半年も前のこと
どこがどこだか何が何だか、よく分かりませんで・・・・ただ写真を並べるだけとなりそうです
ゴカンベンください、私はとっても忙しい時期だったので、ただ参加しただけで、記録もなし・・・


奈良のお水取り行事の、その「お水」を送る(?)源だという所だったと思います
かなり古~い社
e0040345_15404375.jpg




こういう古~い所には、大木が並び、神聖な気分にさせてくれます
e0040345_15415951.jpg




鵜の瀬
e0040345_15421766.jpg




e0040345_1543416.jpg




e0040345_15431960.jpg




奈良のお水取り行事の前に、この鵜の瀬で行われる行事の様子を人形で展示
e0040345_15443479.jpg




e0040345_15444833.jpg

奈良と鵜の瀬の関係やいかに・・・・・・?
by ouchiyama-archi | 2010-03-27 15:45 | 熟年の会

リッツカールトン大阪のトイレ

梅田界隈ツナガリで、ホテル・リッツカールトン1階のパブリックトイレをご紹介します

リッツカールトンの日本第1号店(?)が、大阪に進出したのは、いつ頃だったでしょうか・・・
東京には、ミッドタウンに入っています

重厚な邸宅をイメージしているとかで(東京は知りませんが)
インテリアには木をふんだんに用いて、クラシックな洋館風に仕上てあります

私が見られるのは、レストランとトイレぐらいで・・・・・

イタリアンレストラン天井
e0040345_9102650.jpg




本題のトイレ洗面所・・・・クラシックな水栓・照明・・・何となくキラキラ系です
e0040345_9113693.jpg




ブースが並ぶところ・・・・全く部屋へ入るようなドアの造りとなっています
e0040345_9122664.jpg




ブース内・・・・派手な模様の浮き出た石をわざわざ選択して張り上げてあります
e0040345_9132197.jpg

ワタクシ的にはちょっとくどいような気がします
by ouchiyama-archi | 2010-03-26 09:13 | トイレ水回りなど

梅田界隈

姫路写真は終わりました
次、何しようか・・・・と悩むところです



・・・で、梅田界隈の写真の手持があったのでご紹介します

ヒルトンホテルからの眺め
e0040345_9252383.jpg




e0040345_9254154.jpg




e0040345_92559100.jpg




新しいビルの床(下のフロアからいえば天井?)を、吹抜けから見下げます
e0040345_9275940.jpg




e0040345_9281357.jpg

仕上材にワインのビンを使うなんて、設計者も色々考えるもんだ・・・・
by ouchiyama-archi | 2010-03-25 09:29 | その他

姫路  書写山  円教寺・食堂2階から

書写山・円教寺の食堂(ショクドウではなくジキドウです)2階からの眺めです
e0040345_9125033.jpg




e0040345_913480.jpg

映画「ラストサムライ」を見た方には、「あ~っ、見たことアル~」という
印象的なシーンがあったようです
そう、ここ円教寺の食堂縁側建具が並んだ廊下が、映画に取り入れられていたそうです
トム・クルーズが、誰かとすれ違うシーンがあったとか・・・・



廟所方向を見る
e0040345_9172669.jpg




回廊縁側
e0040345_9174719.jpg




3堂がくっついているので、庇軒先部を目の前に見ることが出来ました
e0040345_9195349.jpg




e0040345_920898.jpg




食堂2階に展示してある群像の厨子・・・かなりの人口密度(?)
e0040345_9212557.jpg




朽ち果てたゾンビのような木仏像
e0040345_922516.jpg




最後に、書写山から見る姫路の平野・・・・矢印の小山の向こうに姫路城があります
e0040345_9231650.jpg

by ouchiyama-archi | 2010-03-24 09:23 | 熟年の会

姫路  書写山  円教寺・三堂

書写山円教寺は天台宗のお寺
966年に開山、西の比叡山とも称され、僧侶の修行の道場として栄えてきたそうです


姫路城・本多家の廟所・・・城主代々のお墓です
e0040345_9365936.jpg




更に進むと、三堂と言われる建物群
大講堂、食堂(ジキドウ)、常行堂(ジョウギョウドウ)です

まずは大講堂の天井
e0040345_939123.jpg




食堂
e0040345_9392190.jpg




常行堂
e0040345_9394283.jpg




内部へ入れるのは「食堂」
そこには円教寺の古い鬼瓦が展示してありました・・・・色々なお顔をしています
e0040345_941386.jpg




e0040345_9411676.jpg




e0040345_9413396.jpg




e0040345_9414845.jpg




2階へ上がります
e0040345_9421444.jpg




e0040345_9422627.jpg

by ouchiyama-archi | 2010-03-23 09:42 | 熟年の会

姫路  書写山 円教寺摩尼殿

姫路城から北西方向、書写山へ向かいました

この書写山・・・・言葉に出して言うのは、なかなかに難しい
しょしゃざん・・・・どこかで舌が引っかかって、滑らかに発音できないのです

その書写山円教寺へ・・・・
ロープウェイに乗って上ります

摩尼殿・・・西の清水寺と言われているそうな
つい最近、清水寺をアップしたばかりですが、木組みスケールはやはり京都に敵いません
e0040345_15231590.jpg




e0040345_15232831.jpg




摩尼殿に上がる手前の小さなお堂
e0040345_15242174.jpg




舞台のように張り出した回廊部分
e0040345_15245153.jpg




e0040345_1525544.jpg




暗い内部
e0040345_15252714.jpg




e0040345_15254162.jpg




軒の出を支える木組みの美しさ
e0040345_15272560.jpg




e0040345_15274046.jpg




e0040345_15275659.jpg




こういう古いお寺にある、樹齢700年の杉の木
e0040345_15283416.jpg




昨日土曜日は、お天気にも恵まれ、無事地鎮祭を行うことが出来ました
建築工事に取り掛かる前に、大地の神様に当該敷地に降りて来ていただいて
これからの工事の安全と、大地に建物を建てさせていただくご報告とお許しと
土地の清めと・・・・諸々をお願いして、そしてまた天にお帰りいただく・・・・

こういう儀式を執り行うと、宗教というより、大地・自然のなかの大いなる何か(神さまか)に
人間の営みを見守って頂きたいと、謙虚に思えるのでした
by ouchiyama-archi | 2010-03-21 15:35 | 熟年の会



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧