大内山雑記帳 

<   2009年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

トイレマーク

最近は、外を出歩いていることが多いので
なかなか事務所のパソコンをさわる時間が取れません
結果、ブログは飛び飛びになってしまいました

でも、現場にいるのは楽しいので、私は大好きです

さて、トイレマーク
先日の下駄と草履ほどのインパクトはありませんが
よくあるマークをそのまま使うのではなく、
オリジナルでいこうという意思は、充分伝わってきます
e0040345_19121393.jpg
e0040345_1912253.jpg




今まで見たことがあるマークでは、扇子を使っていたり、帽子をアレンジしていたり・・・
記録が無いのが残念です
by ouchiyama-archi | 2009-02-28 19:14 | トイレ水回りなど

米子道サービスエリアのトイレマーク

去年の12月30日、我が家に向けて、米子自動車道を走りました
寒波がその夜からまたやって来る・・・直前に、帰ることが出来ました

チェーンを使うことなく、米子道の往復が出来たことは
あの時季、とってもラッキーでした

さて、その米子道のサービスエリアで見つけた、トイレマーク
初めて見ました
e0040345_19185646.jpg

下駄が男性で、草履が女性

・・・・まあ、意味が分からんでもないが・・・・・初めてです
by ouchiyama-archi | 2009-02-26 19:21 | トイレ水回りなど

境港先端の橋

皆生温泉から境港へ、魚市場を目指して行きます

その先端に、対岸へ渡る橋があります
一度、どうしても渡りたいと思うのですが、同行者の許可が下りません

結果、見るだけ・・・に終わってしまいます

華奢な構成部材の橋です
e0040345_18203716.jpg

何でこんなところに馬がいるのか分かりませんが、なかなか絵になります


e0040345_18213423.jpg


市場駐車場からの眺めです
e0040345_1822733.jpg


橋の名前は、後日調べてみます
今日のところは御勘弁
by ouchiyama-archi | 2009-02-25 18:22 | その他旅

皆生温泉 東光園和室離れ

まだ、東光園の写真を続けます

以前行った時の和室離れをご紹介します
季節的に閑な時だったので、離れの見学をさせてもらいました

写真に撮って思うのですが、和室は「絵」になり難いです
・・・と言いながら、離れの床の間方向を
e0040345_19351100.jpg



e0040345_19351395.jpg



e0040345_19352742.jpg


襖紙の張り方も参考に
e0040345_19361137.jpg



離れの内風呂です
e0040345_19363268.jpg

勿論、温泉が引いてあるのですが、ヤッパリ、大浴場の方が気持ちいい


離れへのアプローチ
e0040345_19374641.jpg



e0040345_1938156.jpg



離れ廊下壁の大板・・・勿論無垢板です
今では、なかなか、手に入らないのでは・・・と思った次第
e0040345_1939842.jpg



最後に東光園の大浴場&露天風呂を、東光園のホームページから拝借
e0040345_19402081.jpg



e0040345_19403251.jpg



e0040345_19404392.jpg

私のお気に入りのお風呂です

あ~~、また行きた~い

東光園へは、本を5冊持っていきましたが
結局、完読したのは、「藤沢周平」の「蝉しぐれ」のみ

以前、NHKの時代劇で「蝉しぐれ」を観てから、一度は原作を読みたいと、思っていました
ようやく、読むことができて、幸せでした


忙しいのが続いていて、なかなか、事務所のパソコンの前に
ゆっくり座っている時間が取れません
ブログの方は、しばらく、飛び飛びになってしまうかもしれません
ごめんなさい
by ouchiyama-archi | 2009-02-24 19:45 | その他旅

皆生温泉 東光園

設計:菊竹清訓

昨年末、皆生温泉骨休め2泊3日の旅(?)報告を続けています

最後にもう一度、東光園の紹介です

ロビー
e0040345_1848267.jpg



すばらしい中庭と、その中庭に建つ温泉棟・・・設計は流政之と聞いています
奥に見える大屋根2棟が、大浴場です
e0040345_18493635.jpg



e0040345_18494854.jpg


離れ方向を見る
e0040345_1850543.jpg



本館の階段室です
e0040345_18511574.jpg



客室から、バルコニー側のコンクリート打ち放し支え柱
e0040345_18521528.jpg

構造的なんですが、特に必要と言うことではなく、意匠的そう見せたかったような・・・・


毎日、朝から現場へ直行しているので、なかなか、事務所に戻って来れません
13年間乗っていた車も、ミッションにガタが来て・・・・
足代わりに乗っている車が故障すると、大変です
さぁ~て、お次の車は、何が良いやら・・・・
by ouchiyama-archi | 2009-02-22 18:55 | その他旅

出雲ドーム

出雲大社近くに、白い丸屋根のドームがあります

出雲ドームといって、日本最初の木造ドームと聞いています

雪国では、冬の間雪が積もると、運動する場所がありません
そこで、室内体育場を造り、テント地を張ったドームの屋根を掛けてやれば
室内は明るいし、木造大断面集成材を使って、広いスペースを作れる訳です

その外観
e0040345_21445952.jpg



e0040345_21451222.jpg



e0040345_2145252.jpg


内部は、想像以上に明るかったです
e0040345_2146436.jpg



e0040345_21461885.jpg



e0040345_21463548.jpg



e0040345_21464837.jpg



e0040345_2147285.jpg



e0040345_21471747.jpg



木造の骨組み、お花のような頂部、テント、フィールド、ベンチ・・・・・


外周部の通路部
e0040345_21493839.jpg

by ouchiyama-archi | 2009-02-20 21:49 | その他旅

島根県立古代出雲歴史博物館の展示

設計:槇文彦

前にも書きましたが、博物館展示室内部は、撮影禁止でした

でも、どうしても見ていただきたく、インターネットから
画像を拝借することにしました

歴史博物館の宣伝にもなるし、きっと博物館側も喜んでくれると思います(・・・かな?)

古代の本殿模型・・・・色々な説があります
e0040345_20273539.jpg


巨大3本柱を考えると、かなりな高さを誇ったように思えます
e0040345_20284651.jpg



e0040345_20291161.jpg



e0040345_20293896.jpg



本殿屋根に載る、千木・勝男木の実物大の大きさも展示してありました
e0040345_20303966.jpg


屋根の上に乗っているのは、そんなに大きく見えなかったのですが、
実物を目の当たりにすると、でかい!です


宇豆柱
e0040345_20325594.jpg



e0040345_20332363.jpg

by ouchiyama-archi | 2009-02-19 20:33 | その他旅

島根県立古代出雲歴史博物館

設計:槇文彦

昨日は、事務所に戻った時間が遅すぎたので
心残りではありましたが、ブログをアップせずに帰りました

今日は、その分多目の(いつも多いけど)写真をご紹介

出雲大社境内から発掘された、巨大3本柱・・・展示の目玉です
e0040345_19154691.jpg



e0040345_19155848.jpg

宇豆柱というそうです


柱を展示しているホールのベンチ
e0040345_19165877.jpg


古代出雲に関する資料は、一切撮影禁止
後ろに見える、写真資料さえ、撮影禁止マークがぺたぺた付いているのが見えますか?

外国の美術館・博物館は、写真OKが結構あるので、その違いやイカニ・・・


仕方がない
博物館見学のあとは、建物見学です

別棟ホール
e0040345_19201428.jpg



2階喫茶室
e0040345_19203994.jpg



e0040345_1920528.jpg


展望室(3階)ベンチ
e0040345_1921237.jpg



3階からの直通階段、別階段
e0040345_19215963.jpg



e0040345_19221751.jpg


ミュージアムショップ
e0040345_19224254.jpg



展望室から工房方向を見る
e0040345_19232252.jpg



最後にトイレまわり
e0040345_19235027.jpg



e0040345_1924314.jpg

by ouchiyama-archi | 2009-02-18 19:24 | その他旅

島根県立古代出雲歴史博物館

設計:槇文彦

八足門前から出土した、巨大3本柱を展示している・・・ということで
「古代出雲歴史博物館」へ行きました

出雲大社から、すぐ近くです

外観
e0040345_1940739.jpg



e0040345_19402681.jpg

あら、この建物もタダモノではない・・・佇まい

谷口さんかとも思ったけれど、ディテールが少々違う
誰かな~・・・と、館員に設計者を訊ねると「槇文彦さんです」
あ~、そうか、なるほど・・・・・


外構まわり
e0040345_19433488.jpg



e0040345_19435475.jpg



e0040345_1944956.jpg



e0040345_19442568.jpg



e0040345_19444084.jpg



e0040345_19445250.jpg



e0040345_1945966.jpg

端整なタタズマイを見せていました


さて、今日から本格的にリフォーム工事がスタートしました
朝から、そのまま現場直行となるので、
これから当分の間、ブログアップは夕方以降になると思います
当ブログにお越しいただくとしたら、これからは夜がよいかと・・・・
by ouchiyama-archi | 2009-02-16 19:45 | その他旅

出雲大社 本殿まわり

昨年末、骨休めに行ってきた皆生温泉の旅報告です
の~んびり、湯につかって読書三昧のはずが、出雲まで出かけていきました

出雲大社はとても魅力的なところ
本殿まわりも見てください

八足門(拝殿の先にあります)
e0040345_12544539.jpg

この門と拝殿の間から、例の巨大柱3本組が見つかったのです


門の隙間から、内部を覗いて見ると・・・・
e0040345_12583055.jpg



e0040345_12585218.jpg



e0040345_1259596.jpg



門から右手方向へ回ります
e0040345_1305774.jpg



e0040345_1311147.jpg


東十九社・・・日本全国が神無月の時、ここ出雲は神有月となり
        日本中の八百万(ヤオヨロズ)の神様のほとんどが、ここに集結
        会議(?)をなさるのか・・・・
e0040345_1362329.jpg



e0040345_1365618.jpg

座席(?)は、とても小さいです
神様のスケールをどのように測ったのか、想像(創造)したのか
お姿は無く、御霊のような形(?)で、お席に着かれるのか・・・・
そんなことを想像してみるのも楽しいものです

釜社
e0040345_13104966.jpg


塀まわり
e0040345_13114392.jpg



あと一つ、感動ものの大きさ
e0040345_13124071.jpg

写真では、大きさがよく分かりませんが、巨大な日の丸なのです
初めて見る大きさでした

旗に横線・つなぎ目が見えますが、その寸法が多分90cm~1mだと思います
・・・とすると、縦10mはあろうかという、日の丸なのです
by ouchiyama-archi | 2009-02-15 13:24 | その他旅



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧