大内山雑記帳 

<   2008年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

父の写真集 2-2

ニュースで、また年金記録のミスを伝えていました
気が遠~くなりそうです

民主党などの野党は、全ての年金記録を見直して、全員に記録照会を行うべし・・・
・・・と言っているそうです

記録は全部で約4億件あるそうです
全てに年金特別便を送付するとなると、新たに3300億円(!)かかるそうな・・・

新たに年金特別便を送れば、間違いが全て訂正される・・・と考えるのは
またまた、新たな間違いではないでしょうか
入力ミス、確認ミス、住所不明、氏名不詳・・・・・どうする・・・・?

所員が辞めたり、新たに雇ったりで、社会保険事務所へ行く機会があるのですが
その情景たるや、惨憺たるモノです

ギッシリ人で埋まった待合ソファ、椅子・・・いつから待っている・・・?
何しろ、社会保険事務所の電話は、ず~っと話中で繋がらない
事務所へ行けば行ったで、いつまで待てば自分の番がくるのか、分からない・・・・
一人一人をコンピューターのある所に呼んでの確認作業ですから
それに要する時間も半端じゃない
事務所に相談に来る人と、処理できる機械の数と、社保庁職員の数と・・
バランスがとれておりませんが・・・・

あの状態を見ていると、本当に、どれだけの時間と人手とを掛ければ
この問題が解決できるのか、想像も付きません

もう、蟻地獄に足を取られてしまったようで
引くに引けず、といって、底まで落ちていくと、どうなるか分からず・・・・・

一番大きな目標は、国民皆年金保険を維持することのはず
でも、納付率がドンドン下がって、60%前後になってしまったようです

では、払わない人で将来年金がもらえない人を、生活保護で面倒見切れるのか
誰がその負担をしていけるのか
少子高齢化に向けて、社会的経費を誰がどのように負担していけばいいのか
もう少し視線を遠くに向けて、検討するべきではないでしょうか


・・・と、暗い話はこの辺にして、父の写真集2から
e0040345_95255.jpg

見開きページをスキャンしていますから、見苦しくなっていますが、ゴカンベン

e0040345_9214522.jpg


芦屋市の写真展で入賞した作品です
e0040345_9241931.jpg


庭の花だって作品になってます
e0040345_9251724.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-06-30 09:25 | その他

父の写真集 2

困った時の父頼み・・・・

父が自分の米寿の記念に、自費出版した写真集 第2集です
第1集は海外旅行中心だったのですが、
第2集は日本各地と近場のアジアを撮ったものです

人の褌で相撲を取る・・・といいますか・・・・・まあ、ごゆるりと・・・


まずは表紙です
e0040345_1421913.jpg


日本の風景と言えば、富士山から・・・・
e0040345_1425228.jpg



北海道も絵になる景色です
e0040345_1435784.jpg


e0040345_1441884.jpg


第1集の時もすごい集中力だったのですが
第2集出版にも、力はいってました・・・・見習いたいです

第2集は1集と同じ大きさ、A4の長辺方向を少し短くしたくらいです
フルカラー、全124ページ
全部をお見せすることは出来ませんが、何日かに渡って
その一部を見ていただきたいと、思います
by ouchiyama-archi | 2008-06-29 14:04 | その他

同級生の死

大学時代の同級生が亡くなりました
無念の死です

彼はタクシーに乗っていました
そこへ飲酒運転の車が正面から突っ込んできたそうです

タクシーの運転手は即死
友人は意識がないまま、病院へ運ばれました
そして、1週間後・・・・意識が戻ることなく亡くなりました

あれだけ飲酒運転は絶対ダメ!・・と言われているのに、何故?なぜ?何故・・・・?!!

飲酒運転をしていたのは27歳の男性
彼は肩の骨折だけで済んだそうです
宮崎県から彼のお父さんが飛んできて、謝ったそうです
取り返しの付かないことをしてしまったのです

友人には、奥様と4人の息子が・・・・
一瞬のことで、友人の家族、タクシーの運転手さんの家族、飲酒運転した人の家族を
不幸のどん底に落としてしまったのです

どうして・・・・どうして・・・・
あれだけTVでも、新聞でも、飲んだら乗るな!!と言われているのに・・・
自分だけは大丈夫だと思うのでしょうか・・・・

2人を殺したのです
飲酒運転で、2人の命を奪ったのです




突然の別れでした
でも、ご家族が
「主人は、1週間、頑張ってくれました。
 1週間でお別れを言うことができました。」
・・・・・そうおっしゃいました

1週間頑張ったのは、最愛の家族に、ゆっくりさようならをいう時間をもって
その死を受け入れるための・・・時間だったようです

無念です
・・・・・・残念です

どう考えても理不尽です
by ouchiyama-archi | 2008-06-28 16:34 | その他

トイレ・ウォッチング 21

昔の写真で、まだ、トイレ廻りが残っていました
もうシリーズは終えたはずだったのですが、好評(?)に答えてあと一つ・・・

11年前、ニューヨークに出張した時の写真です
     ・
     ・
     ・
     ・

な~んて、一度言ってみたかった・・・・「ニューヨーク出張!」・・・・アリエマセン


ただ、単にニューヨークへ旅行した時の記録です
ニューヨーク5番街、カルバン・クラインの本店を訪れました

日本では、まあそりゃ高いけど、
手が出ない程ではないブランドというイメージだったのですが
5番街をナメてはいけません・・・・・

ニューヨークセレブの御用達か
ニューヨークなのに、CKなのに、オール、メイドイン・イタリー!
普通の(?)ブレザーで、だいたい40万円位していました

何一つ買えるものもなく・・・・、店舗デザインを見て回りました

そして、トイレ
広いスペースを当てていました

11年前のデザイン・・・という所を考えて、見てください
女性トイレの手洗い部分
e0040345_8254968.jpg

水栓は確か、自動水栓だったと思います
今でこそ、こんな手洗い器も目にするようになりましたが
あの頃は、そのユニークさにビックリ


ニューヨークついでに、谷口吉生設計で、増改築する前のMOMA
・・・その中に展示されていた椅子の永久保存版
e0040345_8304438.jpg


(・・・・9年前かと思っていたら、もう11年前のことでした
上記ブログ、11年前・・・に書き換えました)
by ouchiyama-archi | 2008-06-27 08:30 | トイレ水回りなど

社会保険庁

昨日、期限に関係なく、自分の本来持っている感覚で、食すべし・・・・
なんて、えらそうに言ってみたら、昨夜2度も、お腹が痛くて目が覚めました

勿論、期限が過ぎたものを食べた訳でも、怪しいものを食べた訳でもないのに・・・・

私は割りと古風(?)な方なので
こういうことがあると、「バチが当ったのかな・・・・」と、考えてしまいます
悪いことをすると、天の神様、あるいは絶対なる何者かが見ていて、罰を下す
・・・・こういう感覚は宗教とは関係なく、今時の若い人にも、持ってほしいものです
な~んてね・・・・
心にやましい所があると、「バチが当る・・・」と、唱えてみるのもいいかも・・・

さて、社会保険庁
ニュースで年金特別便を更に、6200万通送付する・・・と言っていました
6200万通!!?

1通当りのコストはいくらかかるのでしょう
勤め先、年金払い込み期間等の問い合わせですから
1通、1通中身が違うわけで、お知らせ便に回答するわけですから
最低でも200円/1通、かかるとして・・・・・
6200万x200=124億円

は~ぁ~
問い合わせするだけで、100億円以上は掛かっている勘定でしょうか
どこから、そのお金は出ているのでしょう
自分達が積み立てている、その年金を使っている・・・?

6200万通も送って、住所不明は、さてはて、どの位出てくるでしょう・・・
そして、その後始末は・・・・?
また、それにかかりきりになる・・・・?

以前、安倍首相が演説で、叫んでいました
「最後のお一人まで、年金記録を明らかにして・・・、最後のお一人まで!!」

この、、「最後の一人まで」・・・が、何回もニュースに流れ
その呪縛から、逃れられなくなっているように思います

あれを聞いた時、なんてセンスの無い人だろう・・・と思いました

ず~っと、ず~~っと前から、積もり積もった間違い、不明記録
どうして、最後の一人まで、明らかに出来ると思うのだろう・・・・不思議でした

政治決断
苦しくても、人からどれだけ悪く言われようと
この虚しい作業を、「ここまで!」「ここでオシマイにします!」
・・・・と、言えないものでしょうか・・・・?

旧い古い、ボロボロの、読み取りも不可能な記録の山から
何を読み出そうとしているのでしょう
線引きしてから、不明を申し出た人、不満のある人に対処した方が
ずっと建設的だと思うのですが・・・・・

このままでは、記録を定かにする・・・という名目で
いったいいくらのお金と、時間と、人手を取っていけば気が済むのか・・・・

社会保険庁へ行く機会がありましたが
殺気立った雰囲気で、怒声が飛んでいました
「お前はばかか!! 訳も分からんのなら受付に立つな!!」
怒鳴るジイ様
・・・頭を下げる社会保険庁の若い職員
・・・・悪いのは君じゃない、多分君のず~っと先輩のしたことだからね
・・・・待合ソファで、あんなジイ様の嫁にはなりたくない・・・・などなど・・・

は~、不毛な時間だけが流れていきます・・・・・・
どれだけマスコミに叩かれるか分からないけど、
一度 「はい、ここまで」・・・・と言ってみたらどうでしょうか
by ouchiyama-archi | 2008-06-26 09:03 | その他

賞味期限・消費期限

読売新聞の記事、第2弾です

なかなか、こういう観点からの記事が無かったので、また、転載します

e0040345_133496.jpg


吉兆の食べ残しの使い回しや、ミートホープ事件などは
とんでもない!、許されない・・・事案ですが
そうでないものまで、一緒くたにされて、糾弾されていたのには
疑問を感じたモノもありました

自分の目や舌や嗅覚や、そういう感覚を磨いて
人間が持っている基本的な本能をきちんと維持していきたいものだと思います

・・・って、食中毒になったら、イヤだけど~
by ouchiyama-archi | 2008-06-25 13:11 | その他

賞味期限・消費期限

少し前、このブログで、何でもかんでも期限がきたら捨てろ~
・・・というような感じのマスコミの論調が、すご~く気になる・・・と書きました

そもそも、どうやって賞味期限が決まっているのか知らないのに
(どこのマスコミも、その期限が、「誰が」「どうやって」「どんな根拠で」決めているのか
 明らかにすることなく、その期限が絶対のものであるかのように、煽り立てていました)
どう判断していいのか・・・・戸惑いがありました

お上(・・・って誰?)が決めた期限だから、絶対なんだろうか・・・・?

ず~っと、そう思っていたら、読売新聞が、ついに、その中身について
少し説明した記事を載せてくれました

e0040345_8544312.jpg


日本人が、鮮度にこだわり過ぎ・・・というけれど・・・・

以前は、生産日、調理日、作った日、製造日・・・・の表示だったはずなのに
何故、賞味期限・消費期限・・・という、あたかもそれを過ぎると食べられなくなる・・
食べてはいけない・・・と言うような、メッセージを持つようになったのか

いったい、どれだけの食べ物を、廃棄せよと迫っているのか

前にも書きましたが、TVでレポーターが、マイクを小学生に向けて
「賞味期限が過ぎたものを、君は食べる~?」
と、聞いていたのです

小学生の答えは
「ううん、食べない」
「そうだよね~」
・・・と、レポーターは、嬉々としていました

違うでしょう!
何か変でしょう!
・・・と、その時、TVを見ながら怒っていたことを、思い出しました

その行き過ぎを、ちょっと立ち止まって、考え直してみる
そういう時が来ているような気がしてなりません

食料自給率が4割に満たない国が、もっと、賢い方法を見出せないものか・・・・
考え直してみる必要があると思います

少なくとも、これから大人になっていく子供達に
「期限が来たものは捨てなさい」・・・というメッセージを刷り込むのは、止めてほしい
by ouchiyama-archi | 2008-06-24 08:43 | その他

トイレ・ウォッチング 20

おも~えば~、とお~くへ来たモンだぁ~

・・・・とうとう、トイレシリーズ(?)が20回も続いてしまいました
いい加減、もうおしまいにしなくては・・・・・

東京の億ションの水廻りを最後にします

億ション水廻り最後は、一番高いタイプの浴室
数億円もする部屋ですから、設計も自由度があるようで
こういうことも出来ますよ~・・・という、提示だったと思います

浴槽です・・・・大きいんですよ、これが・・・・
マット(つや消し)な質感もよかったです
e0040345_8581776.jpg

外国仕様のようで、洗い場・・・という発想は無いようです

浴槽の壁の意匠・・・・横桟がタオル掛けにもなるようで・・・・・
e0040345_8595578.jpg

見ただけで、掃除しにくそう~
こういうマンションを購入する人は、掃除を自分ですることは考えなくてもよいのかも・・

同じマットな洗面器を置いた洗面台
e0040345_914469.jpg

デザイナーものの水栓金物が使われていますが(高価ですよ~)
コレで、顔を洗おうとすると、ちょっと、大変ではないかな・・・、と心配します

顔を洗う動作を、思い浮かべてみてください
体を前倒しにして、顔を洗面器の上にもってきて、手で水をすくって洗います
この首の長い水栓金具の吐水口が、邪魔ではありませんか・・・・・?
by ouchiyama-archi | 2008-06-23 09:10 | トイレ水回りなど

トイレ・ウォッチング 19

東京、億ションのモデルルームからの続きです

印象的だったのが、玄関の扱い
土間部分と、普通は上り框があって、土足部分と上足部分に段差があるのですが
玄関+ホールが段差無しで、オール石張り・・・居間(フローリング)へと続いていました

「どこで靴を脱ぐのかな~・・・・」
「お好きなところで、どうぞ」

・・・そういえば、雑誌でそんなプランは見たことありますが・・・・
  段差を無くせれば、工事する上でも簡略化が図れますし、バリアフリーも謳えますが
  東京は全て舗装されていて、玄関に土や砂が持ち込まれることは、無いのでしょうか・・

さて、トイレ・ウォッチング
どんな部屋パターンだったか、今ではもう記憶ありませんが・・・・
主寝室に属したプライベートなトイレ・・・・洗面と並んでいます
e0040345_12304610.jpg

壁に使った石張りが、高級感を漂わせている・・・・・?

客用というか、その他家族用というか、一般的トイレ空間
e0040345_12341735.jpg


e0040345_12343594.jpg

手洗いスペース、飾棚スペースに注目
写真でも想像できるように、広いスペースを確保しています

・・・・最近のマンションは、水廻りがドンドン広くなってきています

あとは、まあ一般的(よりはちょっとゴージャスだけど)、洗面とユニットバス
e0040345_12401940.jpg

e0040345_12404470.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-06-22 12:41 | トイレ水回りなど

トイレ・ウォッチング 18

3年ほど前、東京出張した時の話です

品川駅で降りたのですが、その駅前再開発ビルの中に
マンションのモデルルームをオープンしている・・・という看板あり

好奇心だけは人に負けない私は、わが身(自分の服装)を省みることなく
時間もあったし、見学することにしました

行ってすぐ、自分が場違いな所に来てしまった・・・と言うことを理解したのですが
そこはそれ、関西のオバちゃんの強気で勝負(?)です

1LDK(Lと言っても6帖あったかな~)で、安い物件が7千万円位、
一番多いファミリータイプは、2億~3億円・・・というマンションだったのです

「お荷物とコートをお預かりします」・・・とモデルルームの係員・・・・むむ~
その時、たまたま(!・・・・東京行くのにたまたまかい?)、
スーパーのバーゲンで買った1500円のジャンパーを着ていたのです

人間、何が起こるかわからないんだから、そこそこの服装はしておくべき!
・・・・・と、反省しきり
(・・・・だって、でも、軽いし暖かで、リバーシブルで・・気に入ってたんだけど)

さて、そこで私が、何を言ったかというと、
「息子が東京転勤でマンションを買おうとしているから、写真を撮って見せてやりたい」
・・・と言うことで、しっかり、写真を撮ることができました
(住所・氏名を書かされるのですが事務所の住所・芦屋を書いたような気が・・・
 芦屋は全国区ですから、こんな時便利かも)

向こうの人が、私の話を信用したとは思えないけど
関西人は格好がみすぼらしくても大金持ち、ということも有り得る・・・と思ったかどうか
息子?
東京行きはありません

前置きが長くなってしまいましたが、億ションのトイレです
まずは、小さな1LDKタイプのトイレ手洗いです
e0040345_1132964.jpg

便器が写っていませんが、広いトイレだと言うのは、分かると思います
ペーパーホルダーがあまり見かけないタイプでした
壁の細い、くりぬき部(ニッチ)もオシャレです・・・・とはいえ3年前のデザインですが・・

浴室は、ユニットバスでしたが、シャワー水栓金物・・特にシャワーヘッド・・只者では無い?
e0040345_119021.jpg


この1LDKのタイプ、DKはやけに立派でした(Lは6帖でも)
e0040345_1112333.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-06-21 11:21 | トイレ水回りなど



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧