大内山雑記帳 

<   2008年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

石見・観光通り

石見銀山で世界遺産に登録されましたが
私たちが行った時は、まだ、その世界遺産登録に向けて
活動を行っているところでした

観光客を呼び寄せるのに、銀山で栄えた町の通りを、再生して
現代に生きる人にも、魅力的であるように・・・・色々工夫していました
中心になるデザイナーというか、プロデューサー役の方に力があったんだと思います

通りにあった倉・・・ツタの紅葉がきれいでした
e0040345_1924967.jpg


古い町の佇まいに合わせた、新しい店の構え
e0040345_19245883.jpg


通りに面して建つ武家屋敷玄関
e0040345_1925351.jpg


武家屋敷座敷
e0040345_19255674.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-05-31 19:25 | その他旅

石見・民家の犬

石見で見かけた民家の庭先に繋がれた犬
これがまた、とっても凛々しくて、いいお顔をしているのです
e0040345_8562963.jpg


無遠慮にカメラを向けても、微動だにしないその横顔
e0040345_8571437.jpg


民家奥にある林の前に、鉄の彫刻が並んでいました
e0040345_8591878.jpg

趣のある空間になっています
by ouchiyama-archi | 2008-05-30 08:59 | その他旅

石見の茅葺民家

私たちが石見を訪れた頃、既に地元で、世界遺産申請運動を進めていました
多分、その中心人物の一人であろう、彫刻家のアトリエ
(・・・であろうと想像してます・・・・勝手に想像ばかりで申し訳ない・・・)

茅葺民家なのですが、そのプロポーションが、とても懐かしく・・・
日本の民家の原型のような感じがします
e0040345_8443486.jpg


軒先には干し柿・・・10月頃の話です
e0040345_8452023.jpg


表に回ると、この民家のおもしろさ、全開です
e0040345_846926.jpg


e0040345_846233.jpg


e0040345_8463512.jpg


e0040345_8464721.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-05-29 08:52 | その他旅

松江・2

ついに、ついに!、塩野七生さんの 「ローマ人の物語」 を読み終わりました
第15巻・・・・で全て終わりとなりました

昨夜、午前3時にフィニッシュ・・・長い長いローマの物語でした
塩野さんにとっては、ローマの終わりは、西ローマ帝国・ローマ精神の終わりでした
ローマ時代を、延々と(私にとって・・・)本と共に辿ってきた時間に感謝です

ブログは、松江
行った当時は、ブログのことなど、勿論想像することも無く
ちょっとしか写真がありません

小泉八雲の旧居宅書斎
e0040345_943538.jpg


e0040345_95938.jpg


泊まった旅館の畳敷き廊下です
e0040345_953597.jpg


他、写真にはありませんが、「田部美術館(菊竹清訓設計)」
松江城内に残る 「松江興雲閣」、夕陽がすばらしい「島根県立美術館」など、お薦めです
by ouchiyama-archi | 2008-05-28 09:08 | その他旅

松江

昨日、今日と、朝から現場行きです
現場へ行くのは、前にも書いた通り・・・・大好きです!

さて、松江市も、ゆったりとした時間が流れる、とてもいい街でした
・・・と言っても、だいぶ前の写真で、申し訳ない・・・・

松江城とその石垣&お堀
e0040345_18574688.jpg

e0040345_18575989.jpg


そのお堀端に並ぶ、昔の武家屋敷跡
e0040345_18585931.jpg

武家屋敷の平面図
e0040345_18593410.jpg

役職は分からないけど、お堀端に建つ屋敷だから、下っ端役人では無いはず・・・・
それにしては、こじんまりとした屋敷です
こういう江戸時代の武家屋敷の平面図を眺めながら、
当時の生活を想像してみるのも、面白いものです

行ってきま~す・・・とここから出て行くのは、主人だけ・・後の家人は勝手口を使い・・
ここで寝て、この部屋で食事して・・・・・なんてね
モノはあまり持たない、シンプルライフであったろう・・・と思います

座敷・・・・表向きの「ハレ」空間です
e0040345_1955559.jpg

台所
e0040345_1961524.jpg

主人以外は、ここで食事を済ませていたかも・・・・
by ouchiyama-archi | 2008-05-27 19:06 | その他旅

出雲大社・3

出雲大社本殿以外も、見ていきましょう・・・・

拝殿から八足門の方へ向かいます
e0040345_13174883.jpg

e0040345_1318369.jpg

八足門から、さらに内側の楼門を見ます・・・本殿は更にその奥
e0040345_1319585.jpg

端垣から拝殿方向を見る
e0040345_13194616.jpg

e0040345_1319589.jpg

外に位置するミニ社・・・・拝殿のミニチュア相似形
e0040345_13205039.jpg



神無月には、日本全国の神様が出雲に集まって、会議(?)を開くらしい
・・・で、出雲では「神有月」という・・・という話を聞きました
その集まった神様達が、整列(?)する社(やしろ)です・・・苔むしてます
e0040345_13243878.jpg



あと、菊竹清訓設計の 「出雲大社庁の舎」
e0040345_13255271.jpg

建築学会賞を貰っています
by ouchiyama-archi | 2008-05-26 13:26 | その他旅

出雲大社・2

日曜日、やっぱり事務所に出てきました
今日新聞のTV欄を調べたのですが、「沸騰都市」はやっていませんね・・・・
日曜日だから、てっきり第3集をやるもんだと思っていたのですが・・・

さて、出雲大社の説明は、下記HPをご覧下さい
http://fukumitsu.xii.jp/syu_f/Izumotaisya_.html

出雲大社は、伊勢神宮とは違って、
その廻りをグルリ一周して、建物の姿を見ることが出来ます
これもいいところのひとつですよね
(確か、伊勢神宮の姿は奥深くに隠れ、一般の人からは見えなかったように思います)

昨日の残り半周した、出雲大社の姿です
e0040345_1415306.jpg

e0040345_14154782.jpg

e0040345_1416244.jpg

e0040345_14161582.jpg


出雲大社に代表される造りを、「大社造り」(妻入り)
伊勢神宮のような造りは、「神明造り」と言います(横長、平入り)
・・・その違いを知りたい人は、下記をクリックしてみてください
  http://bell.jp/pancho/kasihara_diary/subfiles/jinja-keisiki.htm

千木(ちぎ)、鰹木(勝男木・かつおぎ)が屋根の造形を際立たせています
神社建築に残る様式です
瓦が仏教とともに入ってきたため、瓦屋根は仏教寺院
神社は杮葺き、茅葺、檜皮葺きなどが多いようで・・・
by ouchiyama-archi | 2008-05-25 14:25 | その他旅

出雲大社

5年前の旅行写真からです

女友達3人と、出雲・石見方面へ、1泊旅行しました
石見がまだ世界遺産に登録される前のことです
今では友人達と「私たち、先見の明があったよね~」と言い合っております

まず、出雲大社から
勇壮なつくりで、荒々しさ、勇猛さ・・・というか、力強さを感じる社です
拝殿正面・・・巨大注連縄(長さ8m、重さ1.5t)
e0040345_14474028.jpg

順番に側面から回っていきます
e0040345_14481247.jpg

屋根の重なり
e0040345_14483226.jpg

e0040345_14485047.jpg

e0040345_1449212.jpg


まだ出雲大社を訪れたことがない方・・・是非、一度足をお運びください
心打たれる・・というか、言葉にはあらわし難い感動を覚えます
by ouchiyama-archi | 2008-05-24 14:51 | その他旅

巨大爪とぎ

「ギャッベ」という織物があります
イラン南西部の遊牧民の織る「毛足の長い絨毯」をいいます

その素朴な柄やモダン(に感じる)な色使い・・・私は大好きです
でも、そんなギャッベは値段が高いので、なかなか買うことができません

ところがある日、大阪船場の高架下の店で、安い(!)ギャッベを見つけました
そして、どこに敷く・・という計画性もなく、思わず買ってしまいました

我が家の和室に敷いてある「ギャッベ」です
タタミ3枚分程の広さがあります
e0040345_844454.jpg


計算外でしたが、そのビッチリ長い毛足が、なんと!猫の爪とぎにぴったりだったようです
買った当初は、毎日毎日、畑を掘り起こすかのように
絨毯の毛が、表面に無数に丸まっていました
最近は、もう掘り起こしは済んだ様で、余分の毛が、浮いてくることも少なくなりましたが
(爪とぎは相変わらずです・・・猫の爪に黄色毛玉がついていること多々・・・)

ギャッベに詳しい人は、コレは本物では無い・・・と言います
まあ、値段から考えたらそうなんでしょう・・・・
でも長い毛足、ビッチリ植え付けてある毛、重量感があります
・・・・・が、・・・・色が化学染料のようです

我が家の巨大な爪とぎ絨毯・・・・です
by ouchiyama-archi | 2008-05-23 08:52 | その他

ドバイの人工島

家でドバイ上空から見た「人工島」の写真を見つけました

私の座っていた窓とは、反対側から見えた景色ですから
写真は一緒に行った仲間が撮ったものです

e0040345_8244916.jpg

昨日UPした人工島を飛行機から眺めると、こんな感じ・・・・
e0040345_829776.jpg

e0040345_825187.jpg

椰子の葉を模っている・・・らしいけど、だからどうなん~
緑はどこ~・・・・?



ついでに、飛行機の窓から見たピラミッド
e0040345_8263347.jpg

e0040345_8264520.jpg

目を凝らして、スフィンクスを探すけど、これかな~・・というのはあっても、確認できず
手前の黒く見える所が、ナイル川流域の緑です
by ouchiyama-archi | 2008-05-22 08:27 | チュニジアの旅07.10



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧