大内山雑記帳 

<   2008年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

奈良・大仏殿

その昔、息子が読んでいたマンガ単行本「孔雀王」を盗み読んだことがあります
(全部!・・・長編マンガだったなぁ~)

マンガには珍しく(・・かどうかそう言えば、他はあまり読んだことが無いのでよく知らないが)
仏教をテーマに据えていました

その時初めて、菩薩とか如来・大日如来とか、観音や地蔵とかの説明を読んで
は~ん、そんな序列があったんだ・・・と深く感心した覚えがあります
今となっては、どういうことだったのか、ほとんど記憶に残っておりませんが・・・

さて、東大寺大仏殿の中には、色々な方がいらして・・・
大仏に向かって左におわすのが、虚空蔵菩薩
e0040345_14534018.jpg

右におわすは、如意輪観音
e0040345_14541452.jpg

さてはて、菩薩と観音の違いは・・・・?

元々、どこにいらしたのか、四天王像もあったのですが
江戸時代の再建の時、広目天と多聞天だけが、お体を再建されましたそうで
e0040345_150246.jpg

e0040345_1501670.jpg

持国天と増長天は、頭像のままです
e0040345_15205896.jpg

まあ、こうしてじっくりお顔を目の前で拝見出来るので、それはそれでよいのですが・・

他に、東大寺を掘り込んだ鋳物
e0040345_1531241.jpg

飾り物の蝶などもいて・・・
e0040345_1533883.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-04-30 15:03 | 熟年の会

奈良・大仏

東大寺金堂・・・通称大仏殿
大仏も本名(?)は、ルシャナ佛とか・・・(漢字変換できなくてゴメン)

平安時代に建てられたものの、2度焼失して、今の金堂は江戸時代に再建されたものだとか

正面巾:57.5m(建設当初は86m)、奥行き:50.5m、棟高さ49.1m
・・・と言っても、近くに立つと大きすぎて、その大きさを実感できない・・・変な感じ
もちろん、大きいな~・・とは思いますよ・・・
e0040345_11495584.jpg

説明では、天井の四角の部分(赤で囲んだ部分)が、畳4.5帖分の大きさだとか
見上げても、4畳半には見えなんだ・・・・
e0040345_11522224.jpg

全部が大きいので、それなりのスケールで納まっていて・・・
隣に我が家を持ってくると、その大きさが実感できるのかもしれない、と思ってみたり
正面に付けられた扉を開けると(赤四角部)、大仏のお顔が、遠くから拝めるらしい

こんなによく知っているのに、本物を見る機会の少ない大仏さま
今日はグルリ、大仏様を一周してみます
まずは、正面から
e0040345_11581057.jpg

e0040345_11582492.jpg

斜めから
e0040345_11585420.jpg

e0040345_1159956.jpg

背面
e0040345_11593556.jpg

真後ろがこんな風になっているとは、初めて見たはずでは無いのに、ちょっとビックリ
e0040345_11594732.jpg

正面に戻ってきました
e0040345_1201825.jpg

格天井の一桝が、四畳半・・・が気になって気になって・・・
by ouchiyama-archi | 2008-04-29 12:00 | 熟年の会

奈良・東大寺

奈良の東大寺を初めて訪れたのは、小学生の時の修学旅行でした
あれから早何十年・・・・てなことを言っている場合ではなく、
こんなに近くに住んでいながら、修学旅行を含めても、
片手で余るくらいの回数しか、訪れていませんでした
・・・・京都の方が、ずっと行く回数は多いです・・・コレからは奈良へも行こう・・・

東大寺・南大門
・・・と思ったら「大華厳寺」と書いてある、もっと手前の門か・・・?
  調べて書く時間が無いので、このまま失礼します
  「クイズ」・・・鹿は何匹写っているでしょう・・・・「答え」10匹
e0040345_9133083.jpg

これからは、間違いなく南大門
木組みがすばらしい
こんな太い柱を建てて、木造大建築を建てていった、昔の人に感激
e0040345_9151989.jpg

e0040345_9153367.jpg

e0040345_9154595.jpg

e0040345_9155795.jpg

e0040345_9161036.jpg

木を朱色に塗ってすぐは、どんな感じになるのでしょう・・・
by ouchiyama-archi | 2008-04-28 09:17 | 熟年の会

熟年の会 in奈良   <2007.06>

年に1~2回、建築関係の夫婦6組が集まって、熟年の会と称しています
これからの時代、気の合った仲間と夫婦単位で遊べることは、とても大切だと思います

といいながら、今年はまだ実行できていません
企画は各組持ち回りで、建築見学やおいしいモノをいただいたり、おしゃべりしたり・・・・
今まで、北野へ行ったり、山邑邸を見学したり、バーベキューを楽しんだり
泉佐野漁港で美味しい魚を買って料理したり・・・・

今回御紹介するのは、奈良町探訪・・・去年の6月頃のことです
奈良といえばコレ
e0040345_13393939.jpg

e0040345_13395249.jpg

そして真っ先に目指すは、東大寺
考えてみたら、いつでも行ける・・と思いながら、なかなか行けず、久しぶりの大仏殿でした
e0040345_13413383.jpg

e0040345_13414579.jpg

ヤッパリ、でかいわ~

大修理後の落慶法要の時の写真です
e0040345_13422076.jpg

派手派手しい賑やかさが素敵です
by ouchiyama-archi | 2008-04-27 13:42 | 熟年の会

都住創

今日から世間的にはゴールデンウィークかと・・・
私は仕事です

昨日、建築金物の展示会と、石・タイル・洗面化粧台等の展示会と
2つのショールームを回ってきました
1つは、ワインを1本くれるというのにつられて、飲めもしないのに、つい・・・

建築金物「スガツネ」のショールーム近くで、見たことのアル建物を発見
e0040345_14451475.jpg

「都住創」のコーポラティブハウスではないか・・・!

都住創というのは、「都市住宅を自分たちの手で創る会」ということで
お仕着せではない、オーダーメイドの住まいを、都心に集合住宅として創りだす
・・・・・という試みでした・・・いや、過去形ではなく、現在も進行中かもしれません
自由設計の集合住宅といえます

顔つきからして、他のビルとは全く違って見えます
e0040345_1453950.jpg

正面を眺めても、いい感じに年取ってきているのが分かります
e0040345_1453516.jpg


間取りも外観も出来上がったものを買う・・のではなく
たくさんの住人を集めて、一から相談しながら創り上げていくのですから
その手間ヒマの掛かり具合たるや、大変な作業でしょう

でも、こんな風に実物を見ると、何だかほっとしました


もう一枚の写真は、「アドヴァン」ショールームの螺旋階段です
e0040345_14595518.jpg

うん、ホントに手持ち写真が、無くなりつつあります・・・・
by ouchiyama-archi | 2008-04-26 15:00 | その他

高山・宿泊旅館

高山で1泊・・・その時の旅館も紹介します
(いよいよ、写真が無くなりつつあるし・・・・)

外観・・・少し高山の町から外れたところにありました
e0040345_9141098.jpg

ホール木組み・・・古い民家の木組みを踏襲しているようです
e0040345_915485.jpg

樹種はどうも欅のように見えるのですが・・・・立派です、張物ではないんだから・・・
e0040345_9155615.jpg

休憩スペース・・・飛騨家具がさりげなく置いてあります
広幅の床板も、現代では、そうそう出来るものではありません
e0040345_9173293.jpg

お部屋はちょっと贅沢に露天風呂付
e0040345_918222.jpg

数少ないお料理写真・・・前菜だけ、ホント、食べ物の写真はほとんど撮ったことありません
e0040345_9191979.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-04-25 09:19 | その他旅

高山・道具類

最近は、事務所にオコモリしているより、何やかや用事が出来て
出歩くことが多くなってきました
いつもなら、朝事務所に出てきて、「さあブログ・・」から始まるのですが
そうもいかなくなりつつあります・・・と言いながら、出勤即、ブログから・・

今日は、高山の古い商家の中に飾ってあった、道具類から・・・
タンス類、茶箪笥
e0040345_14354797.jpg

e0040345_143633.jpg

お櫃やご膳、お盆、台等
e0040345_14365526.jpg

e0040345_14372050.jpg

油壺・・・と書いてあるけど、灯明の油かな~
e0040345_1438913.jpg

櫛、かんざし類・・・鼈甲か
e0040345_14384526.jpg

床の間に飾ってあるのは刺し子の布
e0040345_14391544.jpg

この家の当主やお嬢様が乗ったのでしょうか、カゴ・・・乗り心地は良くなさそうだけど
e0040345_14402771.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-04-24 14:40 | その他旅

高山

夜中の午前1時からお昼頃まで・・・エキサイトブログのメンテナンス作業とか・・
大変ですね~
皆が寝ている間に、パソコンと格闘していたんですよね・・・
使用している人の便宜を考えたらそうなるんだけど
メンテナンス作業をする人にとったら、非人間的な作業環境ですね
ご苦労様でした・・・・

さて、高山観光でお茶を濁しております
商家の床の間・・・隅に作られた三角飾棚が新鮮です
手前にあるのは当時の暖房器具・・・火鉢です
e0040345_12551877.jpg

別の床の間・・・奥行きの浅い私的な部屋の床の間です
e0040345_1257250.jpg

仏間・・・手前の人形は当時の子守台の復元です・・・仏壇、立派です
e0040345_12575632.jpg

建物内に新設された喫茶室・・・それなりの雰囲気です
e0040345_12585647.jpg


珍しいバランスのFIX障子・・・横長です
e0040345_130110.jpg

入口にあった衝立・・・こういう可動衝立も充分空間の仕切りになっています
e0040345_131322.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-04-23 13:09 | その他旅

高山

高山観光も少し・・・・

古い町並み
e0040345_923524.jpg

e0040345_9232283.jpg

中に入ってみました
木組みが美しい商家です
e0040345_9242392.jpg

囲炉裏端
e0040345_924439.jpg

座敷建具
e0040345_92531.jpg

奥には中庭が・・・・
e0040345_9253576.jpg

私は、明るく明るく家を作ってしまいますが、このように明りをセーブした空間も・・・
それはそれで、いいのかもしれないけれど・・・私はやっぱりちょっと苦手
by ouchiyama-archi | 2008-04-22 09:27 | その他旅

飛騨・高山家具

一日外出で、夜遅くに事務所に戻りました
ブログをアップしないと、私の一日は終わりません
・・・・といっても、まだ、飛騨・高山の家具ショールームからですが・・・

ベッドルームの室礼です・・・布を一枚垂らしただけで、雰囲気が変わります
e0040345_20448100.jpg

e0040345_20442118.jpg

ちょっと気になるのが、巾広の床板
もちろん無垢材なのですが、土足仕様なら気にならないかもしれません
でも、普通には、板は反るし、隙間はあくし、それもまた面白い・・・と
思える人でなければ、なかなか、使用できないかもしれない・・・・
e0040345_204759100.jpg


小物使いも楽しいものです
e0040345_20482785.jpg

e0040345_20484162.jpg


こんな何気ないスツールも好きです
e0040345_20491070.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-04-21 20:49 | 椅子・家具



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧