大内山雑記帳 

<   2008年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

チュニスの裏通りを歩く <チュニジア>

2007年10月に行ってきた「チュニジアの旅」報告をしています

昨日、BSでチュニスをやっていました
いや~、なんだか、懐かしい気分でした

さて、チュニジアの首都・チュニスの早朝散歩の景色を続けます

裏道に入ります・・・古ぼけたビルの入口が開いていたので、ちょっと失礼・・・
e0040345_962859.jpg
e0040345_963960.jpg
e0040345_96498.jpg

裏通りというのは、どこでもそうでしょうが、人間臭さが出てきます


建築現場にも出くわしましたが、細い柱、梁の無い構造・・・・廃墟のようにも見えました
e0040345_984882.jpg



さあ、そろそろ散歩は切り上げて、ホテルに戻りましょう
大通りに出ると、宿泊ホテルが見えてきました(赤矢印)
e0040345_995941.jpg

前に、カメラを持った手だけを窓から突き出して・・・云々と書きましたが
窓はこんな風に開きます・・・高層階だから、あまり大きく開くと危険ですから・・・
e0040345_9112558.jpg


車道を横切るのですが、車道と車道の間に、こんな並木と歩道が設置されている
ホテル前の、大通りなのです
e0040345_9123850.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-01-21 09:13 | チュニジアの旅07.10

ホテル周辺早朝散歩 (チュニス) <チュニジア>

次の朝、6時頃に起き出したマイオットが、
煙草を吸うのに窓を少し開けてしばらくすると・・・始まったのです!
例のお祈りの大音響が~

おもしろいことに(・・と言うと失礼かもしれませんが)、音がバラバラ
音程も、スタート時期も、言ってる内容も、ぜ~んぶ違って聞こえるので
チュニス(チュニジアの首都です!)の街中で、大輪唱が行われているような感じです

まあ、全部揃っていたら、それはそれでまた、気持ち悪いかもしれませんが・・・

すっかり目が覚めてしまった私たちは、まだ薄暗いうちから、朝食をいただき
早朝散歩で、街へ出ていってみたのです

ホテルを出ても、まだ薄暗い通り・・・朝食中にこの外灯の明りが消えました
e0040345_13225799.jpg


まずは、あの変わったビルが見えるところまで歩いて・・・
e0040345_13233986.jpg


出勤途中の人達
e0040345_13241250.jpg


通勤バス
e0040345_13243488.jpg


チュニス駅
e0040345_13251574.jpg

駅内部の表示板・・・あまり列車の数はないみたい
e0040345_13255242.jpg

基本的に駅の改札は、写真撮ってはダメ!と駅員さんから、言われました
出発間際の改札は、切符を調べる駅員と、急いで突破したい学生とが
結構真剣バトルを繰り広げていました
毎日そんなことを繰り返しているのでしょうか・・・・・・

切符無しで何とか乗ってしまおうという学生と
そんなヤツは何としても阻止するんだという、駅員と・・・・

別入口から入って、見せてもらった駅ホーム
e0040345_13324446.jpg



路面電車の切符売り場
e0040345_13331095.jpg


路面電車が走る街路・・・・街路の幅は狭く、ビルの間を縫うように走る電車です
e0040345_13334916.jpge0040345_1334193.jpg
by ouchiyama-archi | 2008-01-20 13:34 | チュニジアの旅07.10

部屋からの眺め (チュニス) <チュニジア>

ホテル到着は夕方、すぐ暗くなる・・という時間帯でした

旧市街(メディナ)は迷路のように入り組んでいるので、
夜は歩いちゃダメ!と、ガイドさんは言います
危ないから、と言われると、そうかもしれない・・・とあきらめる私
旅も終盤近くになると食欲もなくなり、一人でホテルの部屋でゴロゴロすることに

ホテルの部屋から、チュニスの街の写真を撮りました
右上に小さく見える水面は、チュニス湖です
e0040345_11273616.jpg

その方向に見える、かなりユニークな形をした建物
e0040345_11275122.jpg

反対方向を見ます
e0040345_1128841.jpg

ホテルの真下・・・並木道や道にはみ出したカフェなどなど・・・
e0040345_11282884.jpg

ちょっと気になる部分を拡大
これって、この宿泊ホテルの屋上なんだけど・・・・
e0040345_11341623.jpg


次はEVホールからの眺め
e0040345_1136973.jpg

ここでもヤッパリ屋上の使い方に、目が行きます
e0040345_11364584.jpg

なんだかチュニジア的かな・・・・

そういえば、湖方向を見た写真の屋上部も
e0040345_11384329.jpg

ホテルの外装ガラスに写り込んだ映像とともに・・・・


夜景もご覧下さい
下見て、右見て、左見て・・・・
e0040345_1141563.jpg
e0040345_11421057.jpg
e0040345_11422568.jpg


同じような写真で、ごめんなさい
部屋は高層階にあり、窓はちょっと開くだけ
写真を撮るには、カメラを持った手だけを突き出して・・・だから、水平も確かではなく・・・
マイオットは友人達と街へ繰り出していないし、私とっても暇だったものですから
by ouchiyama-archi | 2008-01-19 11:45 | チュニジアの旅07.10

宿泊ホテル (チュニス) <チュニジア>

2007年10月の「チュニジアの旅報告」は最後の宿泊地、チュニスとなりました
チュニスでは2連泊・・・・ゆっくり出来るはずが・・・・
あれもこれもと欲張るので、ヤッパリ、バタバタの旅となってしまいました

チュニスの宿泊ホテルです
旧市街(メディナ)からも近く、あのフランス通りに面した、立派なホテルでした

客室
e0040345_9271839.jpg

e0040345_9273027.jpg

あ~、さすが首都ともなると、ここが北アフリカのホテルとは
写真だけ見ると、分かりません
私てきには、もっとチュニジア的なインテリアの方が、うれしいのですが・・・

水廻りをみると、少し安心・・・アラブ風・・・
e0040345_9301268.jpg
e0040345_9302445.jpg
e0040345_9303582.jpg

・・・と言っても、申し訳程度に、一部タイルを貼っただけなんだけど・・・・



ホテル客室から、フランス風通りを見下ろします
e0040345_9342050.jpg

首都の中心街です
by ouchiyama-archi | 2008-01-18 09:40 | ホテル

チュニスの街 <チュニジア>

チュニジアは「歴史のモザイク」・・・と言われるそうです

先住者、ベルベル人(青い目の白人とか)の国から
       ↓
カルタゴの建設(フェニキア人)
       ↓
ギリシャ・ローマとの戦い (ハンニバルもカルタゴの武将)
       ↓
ローマ帝国の属領となって発展を遂げる
       ↓
7世紀末、アラブ人による国家建設(イスラム化)
       ↓
スペイン・アンダルシアからアラブ人の流入
       ↓
19世紀末、フランスによる植民地支配
       ↓
1956年、ようやく独立を果たす


支配者、宗教、文化・・・・色々なものが混じり合って、今のチュニジアがあります


チュニスは、チュニジアの首都であり、北アフリカ屈指の近代都市です

そのチュニスの旧市街(メディナ)の回りに広がる新市街は
フランス統治時代に築かれたもの
メディナとは全く違う顔を見せてくれます

メディナ東端のフランス門を出ると、そこはフランス?・・・という通りが広がっています

フランス統治時代に造られた街路です・・・フランス通り「コロニアル風」
e0040345_949565.jpg

カフェだって、フランス風
e0040345_949455.jpg

フランス統治時代の大聖堂
e0040345_18154853.jpg

道路を走る、路面電車・・・・結構な数が走っていました
e0040345_9514951.jpg

そして、見つけたポスト・・・フランスが統治してたんだから、ヤッパリフランスと同じ黄色
e0040345_953195.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-01-17 09:53 | チュニジアの旅07.10

チュニスの旧市街 <チュニジア>

チュニジアの首都、チュニスへ戻ってきました
e0040345_9111442.gif

ドーハからチュニスへ飛び、そのまま、国内線でジェルバ島へと向かい
チュニジアの旅が、始まったのでした

バスの車窓からの景色も、オリーブ畑から、町・人が集まって住む集落が見えてきました
e0040345_9135922.jpg



そして、チュニス到着
旧市街・メディナを歩きます・・・カスバ広場から入りました
e0040345_9231884.jpg



モスクが色々見えてきます・・・・が、全て中を見ることは出来ません
e0040345_9164446.jpg
e0040345_916564.jpg



グランモスクを通り過ぎると、スークに入ります
こんな通り・・・・私は大好き!です
e0040345_9175163.jpg
e0040345_918326.jpg


スークを抜けると、フランス門といわれるメディナの東端に至ります
e0040345_9193653.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-01-16 09:19 | チュニジアの旅07.10

インテリア雑誌 2 <チュニジア>

せっかく買った雑誌ですから、中身をもう少し見てみます

チュニジアらしい(?と私が思う)意匠
e0040345_971815.jpg
e0040345_973187.jpg


アートのページもありました・・・作家は女性
e0040345_981393.jpg


香辛料を売っているお店の様子
e0040345_985169.jpg


最後は料理のページでした
e0040345_993171.jpg
e0040345_99419.jpg
e0040345_995151.jpg


チュニジアで何食べてきた?・・・と問われても
小指の先ほどに切り刻んだ野菜のサラダ(全ての野菜を同寸くらいに細かく刻む)
あっさりシチューのような煮込み料理
又はグリルした鶏肉と温野菜・・・等々
特別変わった料理は、ありませんでした

何と言っても、日本料理が一番おいしい!!!
by ouchiyama-archi | 2008-01-15 09:13 | チュニジアの旅07.10

インテリア雑誌 <チュニジア>

カイラワンからチュニスへ向かいます

途中、トイレ休憩も兼ねてドライブインへ立ち寄りました
その時、手に入れた「インテリア雑誌」から、中身を御紹介します
・・・・値段は750円くらいのものでしたが、オールカラーでした
・・・・日本でなら2~3000円はすると思われます、と言うことは物価は日本の1/3位か

まずは表紙から・・・なんと書いてあるか読めません・・・
e0040345_10234836.jpg


色々な国に使われてます・・・というような、コマーシャルページ
世界地図が載っているのですが、とんでもないことが!!
極東にある、日本の島影がない!!
e0040345_10261599.jpg

なんと、朝鮮半島の先は海!なのです
どこへいった、ニッポン!
どこにある、日本!
チュニジアの人は、日本の位置なんて、知らないのでしょうか?
それとも「日本」という国すら、認知してない・・・?
あぁ~~


さて、本の中を見ていきましょう
e0040345_10303013.jpg

e0040345_1032225.jpg
e0040345_10321527.jpg
e0040345_1032369.jpg
e0040345_10331989.jpg
e0040345_10333724.jpg
e0040345_10342630.jpg
e0040345_10352283.jpg
e0040345_10353770.jpg
e0040345_10355466.jpg
e0040345_1036965.jpg

遠くチュニジアの雑誌だから、著作権も言われることはないだろう・・・と
選んでみました
割とアッサリ系を選択しましたが、勿論コッテリ系のインテリアも
たくさん載っていました
どういう階層の人を対象にしたインテリアか知りませんが
ヨーロッパの感覚が、かなり入っている印象を持ちました
by ouchiyama-archi | 2008-01-14 10:38 | チュニジアの旅07.10

昼食レストラン (カイラワン) <チュニジア>

2007年10月に行ってきた「チュニジアの旅」報告を続けています

色々なお土産やさんの並ぶ通りを、値引き交渉しながら歩いて・・・
ハイ、いくつかのものを買いました

値引き交渉で、一番成果が大きかったのは、銀製のネックレス・・・1/10に・・
多分、最初の価格が、べらぼうに吹っかけていたのでしょう
・・・3500円でゲット
私には、この価格が1/10になるまでのやり取りが、結構楽しい

次に向かったのは、ガイドさんの知り合いがやっているというレストラン
昼食をいただきました

普段はレストランはやってないんだけど、予約すると準備してくれる・・・そうな
・・・それって、なんだか、またまた怪しくない・・・?
(ジュウタン屋さんも、勿論ガイドさんのお知り合い・・・・)

行ってみるとそれは何だか、豪邸のようで・・・いったいナンなんでしょう・・・
天井の装飾 (これはペインティングでしょうね)
e0040345_12554157.jpg
e0040345_12555769.jpg


ホール
e0040345_1256165.jpg


ホール天井
e0040345_1256413.jpg
e0040345_12565367.jpg


階段室
e0040345_12571339.jpg


レストラン内部・・・給仕してくれる怪しい面々・・・スーツにネクタイ&お年寄り・・・
e0040345_125815100.jpg

赤矢印が、このツアーのガイドをしてくれたチュニジア人のガイドさん

供された料理が、少しでも分かるかとこの一枚を追加
e0040345_1733867.jpg



さあ、さぁ・・・食事も済んで、カイラワンの城砦ともお別れです
e0040345_12595144.jpg


そして、バスはチュニジア最後の宿泊地、首都「チュニス」へ向けて
ひた走ります
バス道、沿道の風景は、やっぱり延々、オリーブ畑が続きます
e0040345_131441.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-01-13 13:07 | チュニジアの旅07.10

旧市街・メディナ (カイラワン) <チュニジア>

チュニジアの古都・カイラワンの旧市街へ戻ってきました
(霊廟は少し郊外にあったのです)

丸屋根が何と言っても独特です
e0040345_9524658.jpg

旧市街のお土産や(?)通りを見る・・・・もうワクワクものです
e0040345_9534735.jpg
e0040345_9535829.jpg


そこに並ぶ品々を見て歩きましょう・・・・
まずは銀製品・・・お茶や水タバコの道具でしょうか・・・
e0040345_9543876.jpg
e0040345_9544932.jpg


次は、駱駝の皮で作ったバッグや小物の数々・・・ラクダの皮が独特のテクスチュア
e0040345_95630100.jpg


色とりどりの絵皿の数々
e0040345_957952.jpg


ジュウタン屋さん・・・う~ん、もう買っちゃったし~
e0040345_9575169.jpg
e0040345_958756.jpg


屋台の果物屋さん
e0040345_15135147.jpg


最後にこのメディナを囲う城砦です
e0040345_9584891.jpg
e0040345_959081.jpg

ほらね、こんな所にも、大統領の肖像が・・・
こういうお国柄では、首長の個人崇拝は、当たり前なのでしょうか

さて、昨日のジュウタンの話ですが、誤解を与えそうな表現なので
ここに、訂正したいと思います
価格・・・についてです
私にしては高かった!・・・ということで、世間一般では
多分、どうってことない価格だと(普通?)思います
by ouchiyama-archi | 2008-01-12 10:05 | チュニジアの旅07.10



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧