大内山雑記帳 

<   2006年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

香港 <宿泊ホテル>

旅で宿泊したホテルの部屋も、たいてい記録しています
今までは整理もしていなかったけど、このブログでまとめることが出来そうです
・・・で、香港での宿泊ホテル
窓の外はビクトリアハーバー  夜景がきれい」でした
e0040345_13392235.jpg

e0040345_1339361.jpg

部屋の夜 ホテルは照明計画の参考にもなるのですが、頭上に輝度の高いハロゲンランプはいただけません
e0040345_13412478.jpg

by ouchiyama-archi | 2006-04-29 13:43 | ホテル

香港 <文武廟>

香港へやって来た、第2の目的の「中国銀行」等は写真の整理がまだです
もう少し後でUPします

さて文武廟
骨董通り(?)近く街中にあります こんな感じ
高層ビルの谷間に、ひっそりと建っていました
e0040345_902140.jpg

文・・知恵、武・・力 の両方が揃っているのがいいのです・・・もちろん
左が「文」 右が「武」 どちらのお顔もおっかなそう
e0040345_914753.jpg

線香の煙でもうもうとした廟内には、次々とお参りの人がやって来ました

近くには骨董品を売っているお店がたくさん
見るからに高そ~なモノを置いている店もあれば、ガラクタ屋さんのような店もあり
親近感を覚えるのは、もちろん後者です
e0040345_965074.jpg

by ouchiyama-archi | 2006-04-28 09:06 | 香港の旅06.01

香港 <線香>

文武廟で採取
香港の人はお参りに来るけど、儀式を司る僧侶とか神官というような人はいないそうです

まあ、初詣に行っても、ついついお願い事ばかりしている私も同じことなんですけど・・・
家内安全、今年もよい年でありますように・・・・

「お願い事」をするとき、願掛けにお線香を焚くらしいのですが
そのお願いが長持ちするように、お線香も長持ちするように・・・
究極のお線香は、1ヶ月以上燃え続けるそうです
e0040345_991014.jpg

e0040345_992968.jpg

よく考えられています・・・・・ね
by ouchiyama-archi | 2006-04-27 09:10 | 香港の旅06.01

香港 <竹足場>

香港では、現在も超高層ビルの建設が続いています
でも、その現場風景は日本とはちょっと様子が違います
まったく香港の中心街にあった現場です 上の方がかすんで見えます
e0040345_842376.jpg

足元廻りを見ると竹製の足場を組んでいるのが見て取れるでしょう
全部、竹足場です・・・最上階まで・・・
e0040345_8421950.jpg

5階ごとに階数表示をしていたので、最上部が40階であることが読み取れます
e0040345_8423293.jpg

全部竹・・・竹は柔構造で結構揺れにも強いのかもしれませんが
日本だとその接合部の信頼性が、大問題になることでしょう
日本ではあり得ない光景なのです

地震は無いのか・・・・?
台風は来ないのか・・・・?
by ouchiyama-archi | 2006-04-26 08:50 | 香港の旅06.01

香港 <ガラスビル色々>

香港は人口密度が高いので、建物は上へ上へと伸びていくようです
各国の建築家が設計して、次々と斬新なビルが建設されました

車でざっと廻っただけですが、その時目にしたガラスで覆われたビルの数々を
e0040345_8573047.jpg

e0040345_8574494.jpg

e0040345_8575768.jpg

e0040345_8581381.jpg

最後の写真のビル(中央)は、ポール・ルドルフの設計だとか
ガラスの外装がやたらと目に付きました
by ouchiyama-archi | 2006-04-25 08:59 | 香港の旅06.01

香港 <ペンシルビル>

究極のペンシルビル (超高層ペンシル)
こんなプロポーションの建物を、日本で目にすることはありません。
e0040345_173834100.jpg


構造設計を専門とするマイオット(夫)によると、香港は地盤がいいので、地震を考慮しなくてよいから、自重と風圧を計算すればよいそうです。
それにしても、あり得ない細さに一種の感動がありました(現実には建ってるんだけど・・)

さて話変わって、この香港旅行の目的は2つありました
1.おいしい中華料理を食べる
2.I.M.ペイ設計の中国銀行、ノーマン・フォスター設計の香港上海銀行を見る

1の「おいしい中華料理」・・というのは、その前に行ったプロヴァンスで、ちっともおいしいモノが食べられなかった・・・という思いが夫にはあり、そのリベンジの意味でした。
2は例によって、習い性として建物を見たい・・・という欲求(もう古いけど)です。

ところがところが、香港出発の前日、1月3日(まだ正月3ヶ日)の朝食中
私は急にお腹が痛くなり、急遽トイレにお籠もり・・・
それから悪夢の1時間、汚い話で申し訳ないけど、上から下から・・・で
トイレを出ること叶わず・・・、あまりの痛さしんどさにフラフラ・・・

急遽、休日診療(何といっても正月中だ!)をやってる病院へ行きました。
フラフラしながら 「あの~、明日から香港へ行く予定にしているのですが・・・」
医者「ああ、いいですよ」・・・な~んて、簡単にアッサリ許可がおりてしまいました。
(え~、ほんとに~、いいんだ~?!本人フラフラ)
急性腸炎とかで、何かウィルスがお腹の中に入ってしまったそうです。
医者「でもしばらく、絶食してね」・・・といとも簡単に、のたまうのでした・・・

ですからこの香港旅行は体調不万全(?)のまま、出発したのでした。

絶食、絶食、ひたすら絶食しておりました。
(1月3日の朝・昼・晩抜き、4日の朝・昼・機内食全て抜き)
食べたくないし、何か食べると、また調子が悪くなるからです。

ようやく香港初日、1月4日の夕食に、皇帝粥を食べました。
・・・といっても、私は白粥の部分だけで、アワビ、海老、貝柱、ツバメの巣・・等の
具の部分は、全部夫が食べていました。
私は2日ぶり位の食事で・・・それでも何と美味しかったことか・・・・!!!

お腹を壊している人と2人で中華を食べに行くと、どんな目にあうか知ってますか?
私は食べれない、食べてもほんのちょっとだけ・・・
しようがないから、夫は「僕はこのコース料理」と注文すると
「コース料理は2人さまからです」・・と断られるのです。
仕方ないから、単品で注文すると、1皿の量が多いので、何種類も食べられない・・・
と言うことになるのです。
夫は相当フラストレーションがたまったことでしょう。

教訓:香港へおいしいモノを食べに行くなら、たくさんの人数で行ったほうがいい!

食に関しては、昼食に飲茶(何かの賞をとったレストランにて)が付いていたのですが
私の気分が悪くなって、キャンセルしました。
「ほんとにいいんですか~?」・・・とか、言われながら・・・
いや~、残念・無念・・・実は、私の旅行には、こんなこと結構多いんですが・・・・
by ouchiyama-archi | 2006-04-24 18:27 | 香港の旅06.01

香港 <中国デザイン>

中国のオリジナルデザインだと思いますが、色使いといい、形といい
日本とはずいぶん違うのがわかります
ものの考え方、感じ方も違うのでしょう・・・
場所名は忘れましたが、中国の人がお参りする場所ということです
その入口にある「門」なのですが、丸い開口部に特徴があります
e0040345_14244330.jpg

門脇に座る狛犬です  バックの色のせいでしょうか、派手な感じがします
e0040345_142247100.jpg

もっと派手な龍です モザイクで仕上げられています
一瞬グエル公園ガウディのトカゲを思い出しました 同じようにモザイク仕上げです
e0040345_142314.jpg

とにかく色使いが強烈です
香港で成功した人が、それぞれ好きな像を作って寄付するそうです
e0040345_14233164.jpg

後ろに見える近代建築との対比が、際立って見えます(ビルは集合住宅です)
中国の人が、沢山観光に来ていました
特に「大金持ちが建立した像をなでると金持ちになれる」ということで
沢山の人が、なでなでしてましたが、思わず私もなでなで・・・・・
by ouchiyama-archi | 2006-04-22 14:36 | 香港の旅06.01

香港 <国際金融センター2>

香港の新しいランドマークで、今一番高い建物です

高さ420m(東京タワーより高い)、88階建てだそうです
色んな所から、その姿を望むことができます
ビル最上部のデザインに特徴があります(右側のノッポビル)
遠くの山上の中央に見える建物がケーブルカーの終点
昨日の写真は、その山(丘?)の上から撮りました
e0040345_98650.jpg

e0040345_99860.jpg

古い建物とのMIX
e0040345_993553.jpg

e0040345_995134.jpg

オマケで、高層ビルの清掃ゴンドラを・・・、写真を拡大して見つけました
e0040345_9114091.jpg

by ouchiyama-archi | 2006-04-21 09:15 | 香港の旅06.01

香港 <丘の上から>

今年正月明け(1月4日から)に、2泊3日で香港へ行ってきました
これは、その時の記録です
香港と言えば、まずはこの丘の上からの景色を・・・
e0040345_9205684.jpg

e0040345_921169.jpg

e0040345_9212885.jpg

初めての香港でした
「高層ビルが立ち並ぶ香港」というイメージは、今まで写真で何度も見ていましたから
想像はしていたのですが、やはり、実際見ると想像以上のものがありました
まず、飛行機の窓から最初に香港の高層ビル群が見えた時の異様さ
日本ではまず見ることのできない、高さ・密度でのビルの集積でした
・・・・これは、実物を見なければ分からないような気がしました
by ouchiyama-archi | 2006-04-20 09:28 | 香港の旅06.01

東京 <アサヒビール本部ビル>

設計:フィリップ・スタルク

東京はもうおしまいと言いながら、またファイルの中に見つけた写真
これも2年前のこと(2004.03)
浅草へ行った帰りに、そうそう、これも見ておかなくっちゃ・・・という訳で
スタルクのアサヒビールビルを見に行きました
もう、暗くなっていたので、うすぼんやりした夜景しかありませんが・・・
e0040345_91982.jpg

隅田川沿い、吾妻橋そばにあり、浅草の名物にもなっているとか・・・
金色オブジェが目印です・・・あの形がねエ~・・・あの・・・そのオ・・・
e0040345_9215749.jpg

外階段全体が光って、とても幻想的でした(四周を光る階段が巡っている)
内部階段もデザインされて(私が行った時、2階は使われていなかった)
(柱の形がスタルクしてる・・・)
e0040345_9224322.jpg

店舗内部は、すっかり居酒屋風情に変身していて、スタルクが泣くよ~
籐でできたスクリーンが置いてあったり、食べ物見本のロウ細工が並べられていたり
テーブル上の小物が普通の食堂バージョンだったり・・・   
やっぱり細部に至るまで備品には、デザインされたものをセレクトして欲しかった
ただ、値段は安めの設定で、それだから仕方ないのかとも思ったり・・・
少しでも、スタルクの痕跡を求めて
e0040345_930641.jpg

使われていない2階の客席  家具もスタルクの設計したものが残っていました
最後は、例によって手洗いを
e0040345_9323052.jpg

こんな細い手洗い台でも用は足る、でも台上には何も置いてほしくなかった
え~っと、水を出すのは、自動水栓ではなく、フットペダルだったような気がしますが
by ouchiyama-archi | 2006-04-18 09:41 | 東京うろうろ



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧