大内山雑記帳 

<   2005年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ネコ雑貨 <招福猫>

有馬で見つけた、招き猫です。

実は全身金色・金ピカの招金猫(?)もあったんです。
露骨に「招金」と書いてあったので、思わず買おうとしたのですが
一緒にいた母が 「品が無い」と、一言。・・・・・あきらめました。
(でも、結構魅力的でしたよ)

我家では、李朝風の飾り台の上で、招福・開運に励んでくれてます。
e0040345_9285142.jpg

by ouchiyama-archi | 2005-08-31 09:30 | 雑貨

ネコ雑貨 <笑い猫>

バリ島で見つけた、「笑う猫」の木彫り像です。

バリにしたらチョッと高かったので、どうしようかな~・・・と、迷ったのですが
うちの猫が笑っているのを見た事ないし
もし、こんなふうに笑ったら、いいだろうな~・・と、買いました。

両手を口に当てて、笑いをこらえているような仕草が、大好きです。
e0040345_9324593.jpg

by ouchiyama-archi | 2005-08-30 09:33 | 雑貨

事務所からの眺め

事務所北側の窓からの眺めです。
写す角度が違うと、こんなにも、六甲山が近くに見えます。
e0040345_9255313.jpg

by ouchiyama-archi | 2005-08-29 09:26 | その他

海外旅行 <飛行機>

飛行機に乗る時、必ず 窓際席を希望します。
希望が叶えられることもあれば、真中の座席で我慢する事も・・。

悲しいかな、せっかく窓際席でも、エコノミーだと翼の上ということも多いのです。
でも、私はそれにもメゲず、窓から外を眺めるのが、大好き!です。

隣に座る夫もあきれるくらい、窓からの眺めを楽しんでいます。

・ロシアの大地、うねる川、湿地帯・・水のある所だけ太陽の光を反射して、キラキラ光る
・自然が造った造形とは全く違う、直線的に大地や山を走る人工物・・道路。
・「天空の城・ラピュタ」のワンシーンのように、雲海に突っ込む時。
・雲海がそれこそ海のようになって、太陽を映し出したり(雲海に浮かぶ太陽を見たことありますか?)、自機の影を見せてくれたり(影が追っかけてきます)
・地図上でしか見たことの無い地形を、そのまま、目で確認できたり。
・遠くをすれ違う他の機影。
・飛行機の中から見る、夕焼け・朝焼け・・、幻想的です。
・真っ暗な大地の上空を飛行中、突如現われる大きな光・光・・それが北京の灯り

前回は、暗くなっても、毛布を頭からかぶって、窓の外を眺めていました。
(機内の照明が反射して、そのままでは、外が見えないのです)
「星」 、普通は空を見上げて、星を見ますよね.
でも、飛行機からだと、目の高さに、あるいは目線より下に、星が見えるのです!
目線より少し下に、北斗七星!!・・私の感激ぶり・・想像してください・・。
その星たちが、また、動くんです(当たり前だけど)

以前、ハワイで、水平線上に星が降るようにあり、感激した事があります。
(日本では水蒸気に覆われ、水平線上で星を見たことがありませんでした)
飛行機では、それより目線が高いのですから、
目線より下に星が見えるのも、当たり前と言えば、当たり前なんですが・・。

長い文になってしまいました。
短く、簡潔に・・をモットーにしているはずが
飛行機の話になると、つい、熱くなってしまいます。

何回乗ろうと、まだ、飛行機からの眺めに、「飽きる」ということは、ありません。
e0040345_1529419.jpg

e0040345_15291836.jpg

雲の下にチラリとみえるのが、ヨーロッパアルプスです。
by ouchiyama-archi | 2005-08-27 15:48 | ミラノ・マルタの旅04.10

マルタ <記念写真>

顔が写ってうれしい年じゃなし、といって、何か記念写真を・・・という時、
時々撮ってみるのが、自分の影。
私なりの・・・記念写真。
e0040345_9182263.jpg

e0040345_9184096.jpg

by ouchiyama-archi | 2005-08-26 09:19 | ミラノ・マルタの旅04.10

マルタ <マルタの細道>

マルタ島は地中海交易の中継点として、補給基地として
どの陣営からも重宝されてきました。
基本的には、城砦都市。
海からの侵攻に備えて、城壁をめぐらせ、高密度に暮らしていました。
こんな細道から、中世の暮しを想像してみます。

時間が許せば、細道をフラフラ歩いて、迷子になってみたいものです。
ゆるくカーブしている道は、見通せない分、先には何があるのか・・期待が膨らみます。
e0040345_9102076.jpg

e0040345_9103627.jpg

by ouchiyama-archi | 2005-08-25 09:16 | ミラノ・マルタの旅04.10

マルタ <本・現地で購入>

旅先で、本屋さんをのぞいて見るのも、楽しいものです。
日本では見たこともない本があり(当たり前か)、逆に日本の本を見つけたり・・。

ただ、本は重いのでむやみに買う事はできません。

今回買った本、写真がきれいでした。
e0040345_9423847.jpg

e0040345_9425119.jpg

神殿を造った方法を、想像しています。
マルタでは、ベージュ色をした石がたくさん採れます。
(建築が同じような色相に見えるのも、現地産出の石積みのせい)
今でも、同じような石切り場がありました。
by ouchiyama-archi | 2005-08-24 09:50 | ミラノ・マルタの旅04.10

マルタ <Sleeping Lady>

私の「マルタ」での最大の収穫は・・・この「眠り姫」像
寝転ぶベッドの大きさは、12.2cm。 そう、小さな像なのです。

なぜ、こんなにも心引かれたのか、自分なりの分析。
・肩・腰・背中の何とも言えない丸み・カーブ
・寝顔の何と幸せそうなことか!
・それが、今から数千年前の女性像であること
・現代彫刻といってもいい位の洗練された様子

色々あるのですが、残念な事は、やはり 「時間」
個人旅行ではないので、この像の側にいることが出来た時間は少し。
もっと一緒にいればよかった・・・、心残りが・・・。

でも、私の感動を伝えたくて、写真3連発。
最後の一枚は、本から頂戴しました。

感嘆符 「!、!!、!!!」 と共に。
e0040345_9275291.jpg

e0040345_9281044.jpg

e0040345_9282727.jpg

by ouchiyama-archi | 2005-08-23 09:33 | ミラノ・マルタの旅04.10

マルタ <古代・豊かさの形>

最近、若い女性の間では、ダイエットが大流行。
かく言う私も、せめてあと2~3kgは減量したいと、切に願っています。

ところが、マルタの遺跡から出てくる女性像!!
見事なくらい「オデブちゃん」なのです。
太った女性は、豊かさ・豊穣・豊饒・繁栄の象徴だったのでしょう。

首が無いのは、行事ごとに首を付け替えていたのでは・・、と言われています。
私としては、とても、元気がいただける像の数々でした。

e0040345_9244748.jpg

e0040345_9255100.jpg

見事な大根足でしょ?
by ouchiyama-archi | 2005-08-22 09:26 | ミラノ・マルタの旅04.10

マルタ <遺跡・発掘品>

博物館には、先史時代・遺跡からの発掘品が多数展示されていました。
そのなかからいくつかをご紹介します。

まず、デザインという観点から。
e0040345_1262584.jpg

e0040345_1263951.jpg

by ouchiyama-archi | 2005-08-21 12:07 | ミラノ・マルタの旅04.10



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧