大内山雑記帳 

カテゴリ:その他建築家作品( 36 )

新国立競技場デザインコンペ最優秀案

設計:ザハ・ハディド

年内に仕上げなければならない仕事で忙しく、ついつい、ブログを休んでしまいました

ようやく一段落して、でももうすっかり今年も残り少なく・・・・
またまた、どなたにも年賀状を書くことが出来ませんでした

今年最後に取り上げるのは、新国立競技場デザインコンペの最優秀案
読売新聞の記事を拝借します
e0040345_2234493.jpg



審査委員長は安藤忠雄氏

曲線を多用した独特な形をしています
2019年の完成を目指しているそうです


ザハ・ハディドの作品は、このブログでも2度登場
http://ouchiyama.exblog.jp/10199759/

ソウル 「東大門デザインプラザ&パーク」

e0040345_1442504.jpg




e0040345_14453827.jpg


こちらは、2011年12月完成予定だったのですが
2012年10月に友人から聞いたところによると、まだ完成していないそうです


もう一つは、ドイツで実作品を見てきました

<ヴォルクスブルク>   フェーノ(科学館)

http://www.exblog.jp/myblog/entry/edit/?eid=e0040345&srl=16266495

e0040345_14124761.jpg




e0040345_14171061.jpg




e0040345_14174159.jpg





私のブログは、「ジャンル登録をして!」と運営側からのメッセージが届くのですが
さてはて、どう分類すればよいものやら・・・・・

・・・・と悩みつつ 新しい年を迎えることになりそうです

とりあえずは、今日が今年ブログの最終日
色々見ていただいて、ありがとうございました

来年もまた頑張りますので、お時間ありましたら、このブログに遊びに来てください

来年もよい年でありますように!!!!!!
by ouchiyama-archi | 2012-12-27 22:44 | その他建築家作品

石井修

私は一応、事務所の机に向かう日は、必ずブログアップを心がけています
でも、ほぼ毎日となると、写真が無くなってきました
どうしよう・・・・・・


目に付いたのが、芦屋川沿いにある石井修さん設計の小振りなマンション
もう建ってだいぶ経ちますが、決して古びてはいません

e0040345_9405183.jpg




e0040345_941942.jpg




e0040345_9412870.jpg




e0040345_9414628.jpg




e0040345_942247.jpg




e0040345_9421936.jpg




e0040345_945484.jpg

納まり細部詳細に注目しながら、写真を撮ってみました
(写真は去年の8月頃のものですが・・・・)
by ouchiyama-archi | 2010-04-28 09:43 | その他建築家作品

ソウル 「東大門デザインプラザ&パーク」

今朝早くから、ペインクリニックの受付に並びましたが
昨日は木曜日で医院は休診だったことを、すっかり忘れていました

すなわち、今日が長い連休明け初めての診療日だったのです
まあ、たくさんの人人人・・・・で、診ていただくのに、3時間以上かかってしまいました

悪いことは重なるもので、私のPCのDVDが開かず
・新しいカメラのソフトウエアがインストールできない
・足が更に痛い・・・というか、ズキズキ、ぴりぴりと痛いのです(雨や寒さがダメみたい)
・意欲が湧かない
・東京写真の整理が出来ない
     ・
     ・
     ・


たいしたことでは無いのに、気分が晴れません
そうすると、ブログに向かう気力が、湧いてこないのです

何気なく、深い思い込みもなくブログを続けてきましたが
人間、体力・気力は連動していて、いつもいつも、前向きでいられる訳ではない・・・・よね


それで、またまた、K氏(オタスケマン)からの画像を使わせていただくことにします

ソウル 「東大門デザインプラザ&パーク」
e0040345_14363425.jpg



(ソウルの新聞記事より) K氏提供による

旧東大門(トンデムン)運動場跡地に建設される「東大門デザインプラザ&パーク」
(DDP)が4月28日に着工式を行う。

DDPは6万5232平方メートルの用地に建設される地下3階、地上4階建て規模の
デザインプラザと、3万7398平方メートルの公園を合わせたもの。
ソウル市が3755億ウォン(約267億円)を投じ2011年12月に完工する予定だ。

東大門デザインプラザはコンベンションホールとデザイン専門展示館、博物館、
情報教育センターなどの施設を備えたデザイン産業の総合支援施設となる。

イラク出身の世界的な女性建築家のザハ・ハディドさんが設計した。
e0040345_1442504.jpg



芝生の屋根を乗せ市民らがプラザ南側から歩いて上り
公園一帯を見渡せるようにしたのが特長だ。

北側のコンベンションホールと展示館の屋根には
季節により色合いが変わるセダムという植物を植え季節感を加えた。

新・再生可能エネルギー設備も導入する。
太陽熱と地熱を利用しエネルギー使用量の7.2%を供給し、
1300トンの雨水と水道水200トンを再利用する。
e0040345_1444632.jpg




デザインパークには東大門運動場解体時に発掘された文化財が復元される。
緑地を背景に下都監の建築物の遺構が復元される。

下都監は朝鮮時代に漢陽(ハンヤン)の守備を担当した訓練都監の分院のひとつ。
ハン・ギュサン東大門デザインパーク担当官は、
「都市設計と建築、造景が調和した魅惑的な名所になるだろう」と話している。

e0040345_14453827.jpg


2011年12月、完成予定
ザハ・ハディドの作品を、ソウルで見ることができるようです
さてはて、実物はどういうものになるのでしょう・・・・・
by ouchiyama-archi | 2009-05-08 14:49 | その他建築家作品

サンティアゴ・デ・コンポステーラ <現代美術館>

設計:アルバロ・シザ

アルバロ・シザが設計した「ガリシアン現代アートセンター」です
ほんとうに旧い街並のなかの小さな広場に、建っています
建築家としたら、ずいぶん難しい設定だったろう・・・と思います

e0040345_9271214.jpg

変に旧い建物に媚びるのではなく、四角い箱で勝負(?)です

内部写真です
e0040345_929268.jpg

e0040345_9293930.jpg


相対峙する建物の壁面です、こっちの方がいいかな・・・・
e0040345_9303116.jpg


さて、突然ですが、10/7~17まで、ブログを休みます
年に一度の、「JSCA建築研修の旅」へ行ってきま~す

今回は北フランスです
まだ、北スペインの旅報告が終わってないのに、あわただしいです

この旅行に向けて、仕事を詰めてやってきました
まだ、何一つ準備は出来ていません
いつものことですが・・・・・

「飛行機の中で資料を読も~っと」・・と毎回思いながら、読んだこともなし・・・
行き当たりばったりの旅を、またしてきます
by ouchiyama-archi | 2006-10-05 09:39 | その他建築家作品

アストルガ <司教館> (スペイン)

設計:アントニオ・ガウディ

2002年7月に行った「北スペイン・ポルトガルの旅」報告をしています

やっぱり、バルセロナで見るガウディとは、かなり、趣が違います
e0040345_9451615.jpg

e0040345_9452980.jpg

バルセロナでの造形は、バルセロナという土地の力があったればこそ・・
ここアストルガでは北スペインの風土に合せて・・という配慮が働いたのでしょうか

この司教館は完成前に注文主の司教が亡くなってしまいました
次の司教は、このガウディの建物を毛嫌いして、
結局司教館として、使われることはなかったそうです

外観を見る限り、そんなに過激には見えませんよね

内部撮影禁止だったので、パンフレットから映像を拝借します
e0040345_9503035.jpg

e0040345_9504312.jpg

e0040345_9505716.jpg

e0040345_9511265.jpg

by ouchiyama-archi | 2006-09-30 09:51 | その他建築家作品

レオンのガウディ <ボティン邸>

設計:アントニオ・ガウディ

シロスからレオンにやってきました、レオン泊
しかし私は車酔いのせいか、立っているのも辛い状態・・・
そのままホテルのベッドに倒れ込みました

マイオット達は夕食を食べに街へ繰り出しました
ここからが、ちょっといい話(?)
倒れた妻のため、レストランに頼んで「パエリア」と果物を持って帰ってくれたのです

・・・もちろん妻は食べられませんから、ゴミ箱行きとなりましたが
そのやさしい心根が、妻の心にジ~~ンと響いたのでした

・・・こんなこと、当たり前?
もし、そうでない殿方がいらしたら、弱った妻には思いっきり優しく接してください
評価・・・特A昇格間違いなし!

さて、こんな建築に関係ない話はこれくらいにして、ガウディです
バルセロナでガウディを見ている身には、あら、ずいぶん感じが違う・・なのでした

e0040345_911085.jpg

レオンの富豪の邸宅として、建てられました・・・半端じゃない大きさのまさに邸宅!
現在は、改装されて、銀行として使用されています

その内部写真です
e0040345_9101696.jpg

e0040345_9103318.jpg

オリジナルがどの程度残された改装なのかは分かりませんが
柱頭のデザインがガウディを感じさせます

e0040345_913556.jpg
e0040345_9132588.jpg
ガウディの看板と
街中屋根上に巣を作るコウノトリの姿です
ここだけに限らず、教会の塔の上とか、
いたるところに、その姿を見ることができました

コウノトリについては、日本では大騒ぎして、繁殖に力を入れていますが
ここレオンでは、全く日常風景の一こまでした

農薬に汚染されていない、自然がたくさんある・・・ということなのでしょう
by ouchiyama-archi | 2006-09-26 09:25 | その他建築家作品

ビルバオ <地下鉄駅・メトロシステム> (スペイン)

設計:ノーマン・フォスター

何だか気温的に、一気に晩秋になったようで、昨夜は思わず毛布を引っ張り出しました
そうすると、オマケで夜、猫が寝に来ていました・・・・うれし~
いつもなら、猫が私のフトンに寝に来るのは、11月頃なのですが・・・

さて、ビルバオの地下鉄駅
私の写真はうまく撮れていないので、マイオットの写真を拝借します
e0040345_8531338.jpg

e0040345_8532633.jpg

e0040345_8534821.jpg
上階の床を天井から吊っているのが分かるでしょうか

出口のガラス屋根が、アンモナイトの殻のようになっていました

ノーマン・フォスターはイギリスの建築家で 「サー」の称号を得ています

ドーム天井、手摺、階段、壁・・・細部に目を引く所が色々ありました
by ouchiyama-archi | 2006-09-14 09:00 | その他建築家作品

幻のグッゲンハイム・ニューヨーク

9・11 5年前・・・・テロ発生

フランク・O・ゲーリー設計のプランが中止となりました
その姿です
e0040345_16534621.jpg

ぐにゅぐにゅ・・・案です

後ろに見える、ツインタワーが悲しいです
by ouchiyama-archi | 2006-09-11 16:55 | その他建築家作品

世界のグッゲンハイム美術館

グッゲンハイム美術館は、活動の場を世界に広げ、
ディズニーのような多国籍企業としての展望を持っているようです

世界のグッゲンハイム美術館です
e0040345_1019284.jpg

左上から順番に下へいきます

グッゲンハイム美術館 inニューヨーク
  設計:フランク・ロイド・ライト
  これが一番有名だと思います
  セントラルパークの東側にあり、ライト最晩年の作です
  展示室が、中央の吹抜け空間の回りを巡り、
  グルグルらせん状に降りてくるよう設計されています・・・スロープ(斜路)
  出来た当初は、これが芸術家にとって、非常に不満だったとか
  今では、美術館本体の方が有名になっています
  私達が訪れた時は、現代アート展とかで、
  それこそぼろ雑巾?や使い古しのおもちゃや、壊れたマネキンや・・
  ・・なんでこれがアートなの?・・・っていう作品のオンパレードでした
  (作品に対してはゴメンナサイ、そんな印象しか残っていません)

inニューヨーク
  ニューヨークでも、もっと南、ソーホー地区にあります
  旧いビルを改装して、美術館にしています
  確か、日本の磯崎新が手がけていたと思います
  前まで行きましたが、時間が遅く、入場できませんでした

inニューヨーク(案のみ、中止になりました)
  同じく、フランク・O・ゲーリーの設計で、建築予定でしたが
  9・11があり、計画は中止となりました

(右上へ) inベネチア
  やはり旧い館を改装して、美術館にしています
  こじんまりとして、気持ちのいい空間でした

inベルリン
  これも改装でしょうか、まだ行ってません

そして、最後が、ビルバオのグッゲンハイム美術館です
  磯崎新案、コープ・ヒンメルブラウ案を退けての、ゲーリー案実現です
  ライトのグッゲンハイム美術館があまりにも有名だったので、それに負けない(?)よう
  作られたものなのでしょう・・・

作品がどんどん、大型化したり重たくなりすぎたり、従来の美術館には
収容しきれないものが増えてきて、新美術館の建設となったようです
もしかして、もっと増えているのを、どこかで読んだような気がしますが・・・

追記:グッゲンハイム・ラスヴェガス(ベネチアンホテルの中)
       設計:レム・コールハース
  
by ouchiyama-archi | 2006-09-10 10:47 | その他建築家作品

グッゲンハイム・ビルバオ美術館

設計:フランク・O・ゲーリー

今日は土曜日、マイオットが先に車で出勤して行ったので
私は歩いて事務所へやってきました

ドア・トゥ・ドアで、ほとんど歩くことをせずに、毎日を過ごしていました、ず~っと
でも、最近膝が痛いので、危機感を募らせています

たまには歩かなくては・・・・
前にも書いたことがあるのですが、家から事務所まで、徒歩30分強かかります
ところが、今日の私は、事務所にたどり着くのに、1時間40分かかりました

なぜ、そんなにかかるのか・・・・JR芦屋駅前が、障壁になっています
おしゃれなお店、お気に入りの店も覗いてみたいし・・・・、あれはどう?これは?
・・・・で結局、うろうろ・・・ウロウロ・・・・

この誘惑に勝てるようにならなければ、歩けません
というか、もっと早朝に歩くとか、頻繁に徒歩通勤すれば、物珍しさは無くなり
すんなり、事務所に辿りつけるでしょうが・・・

さて、まだビルバオのグッゲンハイム美術館で、ブログは止まったままです
今日は、平面図をみていただこうと思います
(上が川側、下がアプローチ側となります)
e0040345_12284849.jpg

2階・・と書いてますが、どの階にしても、このグニャグニャ感は変わりません
壁でも垂直線が少ないのですから、こんな2次元の図面で、建物を表現するのは難しい

コンピューターがあればこそ・・・・
ものすごい数の図面がおこされたそうです

最後にまた、洗面所です、グッゲンハイムの洗面所です
e0040345_12353254.jpg

ここは、監視員がいないので、無事内部写真を撮ることができました
現地の子でしょうか、変な東洋人がこんなトコで写真撮って、ゴメンね

あまり、お金を掛けずに
「え~い、余った在庫のタイルをぜ~んぶ、持って来~い、うまく貼ってやる~」
・・・というノリを感じる(?)、洗面所でした・・・んな訳ないけど
by ouchiyama-archi | 2006-09-09 12:40 | その他建築家作品



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧