大内山雑記帳 

カテゴリ:天井( 13 )

バルドー博物館7 (チュニス) <チュニジア>

バルドー博物館でこんなに引っ張るつもりはなかったのですが
もう、7回目になってしまいました

モザイクだけでも、飽きてしまいそう・・・・今日は天井を見上げてみます

オスマン帝国時代の地方長官の館というけど、ものすごくお金が掛かっています
重税を課していたのでしょうか・・・・
絶大な権限をもっていたのでしょうか・・・・
地方の悪代官のようなものだったのでしょうか・・・・

私的なスペースの天井
e0040345_1740244.jpg

e0040345_1741559.jpg

e0040345_17415358.jpg

公的なスペースの天井
天井高も高くなります
精緻なレース編みのようです
e0040345_17424441.jpg

e0040345_17431724.jpg

e0040345_9495128.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-02-16 09:51 | 天井

カン  <修道院の天井>

修道院の天井も石で出来ています
(前出のホール天井も石でした)
e0040345_971721.jpg

e0040345_981058.jpg


日本ではあまり石で出来た天井・・・というのを目にする機会がないので
(地震大国で石の天井なんて、怖くてできません・・・)
どうやって持たせているんだろう・・と不思議な感じがします

壁も天井も、同じ石で作られているので
空間が均質というか、力強いというか、硬質な感じがします
by ouchiyama-archi | 2006-11-17 09:13 | 天井

カン  <聖堂の天井>

カンの修道院付属聖堂の天井を見てみます
e0040345_8515431.jpg

e0040345_912661.jpg

e0040345_8521888.jpg

e0040345_8523060.jpg


ところで、一昨日の土曜日、「世界不思議発見」でモンサンミシェルを取り上げていました
見ました?

木の天井が船大工の手による・・・と言っていましたが
ノルマンディー地方は、他でもたくさん船底天井をみました
それも順にご紹介していきます

今日はゴシックの天井ですが
リブのように見えるもの・・・・初めは力学的に意味のある力骨だったようですが
後にはほとんど装飾的に扱われていたようです
by ouchiyama-archi | 2006-11-13 08:57 | 天井

ビルバオ <豪華ホテルの天井>

昨日は久しぶりに、家でゆっくりできました
「敬老の日」なんだから、わが身をいたわらねば・・・
なんてことではないのですが、9月になってから2回目の休みでした

ビルバオもそろそろ、おしまいにして、次の街へ行かなければ・・・・

最後に、私達が宿泊したのではない、由緒ある豪華ホテルのホール天井です
e0040345_1072720.jpg

高~いホテル・・・と聞くと、どれどれ・・・とつい、のぞきに行く、おのぼりさんです

ビルバオを離れるにあたって、もう一度グッゲンハイムを
e0040345_109419.jpg


ビルバオを終わります
なかなか、楽しい街でした、規模もそんなに大きくないし・・・・いつかまた
by ouchiyama-archi | 2006-09-19 10:10 | 天井

ビィリニュス <教会の装飾>

ビィリニュスのある教会へ入った時、いつもとは少し違う感じがしました
びっしりと装飾・彫刻を施した天井・壁が連なっているのですが、色が無いのです
ほとんど、漆喰や白い石で装飾され、印象的には単色でした
ほんの一部分にだけ「赤」や「金」が使われていましたが・・・
単色バロックかな・・・
e0040345_124410100.jpg

e0040345_12442372.jpg

天井に浮かぶ舟は、ノアの方舟なのでしょうか・・・それにしては装飾的過ぎるけど・・・
e0040345_12455541.jpg

マリアさまを描いた絵だけが、赤い色付きです
e0040345_13124094.jpg

by ouchiyama-archi | 2006-08-20 13:13 | 天井

東京 <東京駅のドーム天井>

東京駅を写真に撮ろうと思って行ったら目に付いた天井。
何度も行っているのに、今まで気が付きませんでした。
e0040345_9174591.jpg

e0040345_9175868.jpg

床の上にドーム円の中心に当る印があるので、真下で構えたはずなんだけど・・・。
(まん丸の端が切れたのはいただけません。屈めばよかったかな・・・)
もう一枚は、真下からは少しずれて、撮ってみました。
by ouchiyama-archi | 2006-03-28 09:21 | 天井

プロヴァンス <天井>

これまでのブログに載せきれなかった写真を・・・。

マルセイユのノートルダム教会の天井です。
e0040345_8593563.jpg

アヴィニョンの教皇庁の交差ヴォールト天井です。
e0040345_933553.jpg

by ouchiyama-archi | 2006-03-17 09:05 | 天井

マルセイユ <教会の天井>

新しいパソコンに苦戦しています。
今までは、何だかんだと言いながらも、私の古いパソコンが 「自分の手に馴染んだ道具だった」 と改めて思います。

この新しいパソコンを、自由自在に違和感なく使いこなせるようになるには
もう少し、時間が必要な気がします。

ほんとは、前のパソコンと心中するつもりでした。
・・・すなわち、パソコンが壊れる時は、私が仕事を辞める時・・・なんてね。

でも、仕事もまだまだ続けたいし・・、こんなブログを始めてしまって、結構楽しいし・・・、CADが壊れてしまうと大変だし・・・と、心変わりして、新パソコンに乗り換えてしまいました。

さて、天井の話。
マルセイユでは2連泊して、街中をうろうろしてきました。
教会もいくつか行きましたが、そのうちのひとつ・・・何教会だったか?・・・・の天井
e0040345_15385735.jpg


う~~ん、パソコンが私の言うことを聞いてくれない・・・。
もう一枚、写真アップしたいのに、再トライ。
・・・なんで、無理なんだろう・・・・。

これだけアップするのに、いつもの倍以上の時間がかかってしまいました。
しかも、思い通りに動かないなんて、なんて傲慢(!?)なパソコンなんだろう!

e0040345_15491752.jpg

再トライしたら、できた!
ふ~~~、でも、なんか、疲れるやつだ・・・・。
私の古いパソコン君、ゴメンね、君が懐かしい~~よっ!
by ouchiyama-archi | 2006-03-10 15:46 | 天井

アルル <市役所の天井>

前出の教会の横に、アルル市役所があるのですが
その天井が、少し 変わっていました。
e0040345_9262239.jpg

e0040345_9263674.jpg

何が変わってるって・・・?よく見る石の天井じゃないの・・・・って・・。

よ~く見てください。
アールがすごく浅く、さらにそれが複合合体しています。
アーチ状の天井は、そのアールの高さで力を伝えていきます。
こんなに平たいアールだと、アーチ状に力を伝えるより
自身の石の重さ(自重)が、そのまま、下向きに働いて
形状を維持しようとするのは、結構大変なことのように思います。
・・・・という説明でOKでしょうか、ご一緒した構造設計の方々・・・。
by ouchiyama-archi | 2006-02-16 09:34 | 天井

エクス・アン・プロヴァンス <教会の天井>

さあ、頑張ってまた 「南仏建築視察の旅」 報告を始めます。

教会は、普通の人間が 少しだけ神に近づける場所。
人間の想像力や五感を通して、神の存在を意識できるように造られていると思います。
天井は、その天上の世界(天国?)を仰ぎ見る穴なのかもしれません。
e0040345_1341065.jpg

e0040345_13412278.jpg

by ouchiyama-archi | 2006-01-09 13:42 | 天井



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧