大内山雑記帳 

カテゴリ:窓・扉・開口部( 19 )

京町屋 建具色々

3日間もブログを休んでしまいました
ブログアップは事務所にあるPCから、すなわち、3日間出社しませんでした
まあ、色々あるわけで・・・・・

これからは、また、いつも通りにUPして行きますので、ご贔屓の程、よろしく・・・・


夏の京町屋の様子をご報告していました

その京町屋の建具に焦点をあてて、見ていきます

座敷建具
e0040345_824342.jpg



廊下建具
e0040345_824566.jpg




特に夏用ということでは無いかもしれないけれど、手洗い建具
e0040345_826158.jpg



e0040345_8261355.jpg




便所建具
e0040345_826325.jpg



前にもUPしたけれど、蔵の窓
e0040345_827961.jpg

開口部は、火に対して一番弱点になります
分厚い窓を閉めれば、火が回らないように、幾重にも返しがとってあります


夏の建具は涼しげでとても優雅ですが
家中の建具を取り替える、仕舞う・・・その作業と収納場所を考えると、
昔のようにたくさんの奉公人、人手がないと、とてもじゃないけど主婦の手に余る・・・・
by ouchiyama-archi | 2009-09-03 08:32 | 窓・扉・開口部

ロヴィニィ 5 (窓・扉・開口部いろいろ)

路地に並ぶ、市井の人達の住居

その窓やドアの形・デザインは、日本の家屋とは、大きく違います

住居の印象の違い・・・・
色使い、使用材料、テクスチュア・・・色々ありますが
窓や扉など、壁に開いた開口部の扱い・形・デザインが、
その違いを際立たせているように、思います

窓や扉など、開口部を中心に、見てください
e0040345_128199.jpg


e0040345_1283610.jpg


e0040345_1284970.jpg


e0040345_129064.jpg


e0040345_1213758.jpg


素敵だな~・・・と思う方があるかも知れませんが
日本の気候・環境に持ってきても、その良さは、発揮できません・・・・念のため

そこで生まれたデザインは、その地の気候・文化・歴史などと
一体になって、使いやすさや、すみやすさに繋がっていると思うからです


おまけで、オープンカフェも一緒にアップ
e0040345_12125486.jpg


e0040345_12141326.jpg

by ouchiyama-archi | 2008-12-06 12:14 | 窓・扉・開口部

トロギール 8 (開口部廻りの装飾)

オマケのトロギールです
開口部廻りの装飾について・・・・

教会の壁に開いた入口ですが、メインの入口ではありません
どういう時に使用するのかまでは、私には分かりかねます
e0040345_859519.jpg


その壁上部の装飾です
壁から突き出しているのは、多分、雨水処理のための樋だと思います
動物を形取っています
e0040345_901676.jpg



上の2枚の写真だけでは寂しいので、ドブロブニクで採取の入口周辺
e0040345_91127.jpg


e0040345_912544.jpg


おまけ・・・でした
by ouchiyama-archi | 2008-11-05 09:01 | 窓・扉・開口部

シディサハブ霊廟 (カイルワン) <チュニジア>

2008年が始まりました
新たな想いで(?)、去年のチュニジア旅報告を続けます

チュニジアの古都、カイロワン(カイルワン・ケロワン等呼び方色々)です
e0040345_1023883.gif

グランモスクの後、シディサハブ霊廟へ

道路から、その中庭の様子を伺うことができます
e0040345_9545399.jpg


中庭に入りました
外壁と開口部、窓や扉の関係を見てください
e0040345_955514.jpg
e0040345_956325.jpg
e0040345_9561969.jpg
e0040345_956306.jpg


霊廟の入口です
ミナレットの横を通って、中へ入ります
e0040345_9571313.jpg

そのミナレットを見上げて見ると
e0040345_9573721.jpg

屋根あたりに拡声器が見えます
日本人の感覚からすれば(私の感覚と言った方がいいのか?)
神聖なお祈りなんだから、実際に上に上がって
御自分の声で、精一杯お祈りなさったほうが、よろしいのではないか・・・と思うのですが

入口廻りです
e0040345_102694.jpg


実はこのブログ、一度UPしたものが、消えて無くなってしまいました
今度こそは、消えてしまわないうちに、送信しなくては・・・・

今年もどうぞよろしくお願い致します!
by ouchiyama-archi | 2008-01-07 10:09 | 窓・扉・開口部

扉いろいろ (カイロワン) <チュニジア>

2007年最後のブログになりました

私のパソコンは事務所にあるだけ・・・そう、今日が今年最後の出勤です
仕事を仕上げておしまい・・・と言うわけには、とうとういきませんでした・・・ゴメン

1年という月日が、ドンドン、どんどん短くなっていくような今日この頃
また、バタバタしたままで、1年が終わっていきます・・・って、他人事みたいに・・・

来年もまだしばらく、チュニジアの旅報告が続きます
来年もどうぞよろしく!

グレートモスクで見かけた扉の数々です
e0040345_14284577.jpg
e0040345_14285741.jpg
e0040345_1429962.jpg
e0040345_14292132.jpg

イスラムの様式
e0040345_1431565.jpg

昨日のミナレットを、外から眺めたところです
(昨日は、グレートモスクの中庭から眺めたとこ)
e0040345_1432915.jpg
e0040345_14322299.jpg


前にも書いたような気がするのですが
私のダラダラブログを訪れてくださる方々、本当にありがとうございます!!
来年もどうぞよろしくお願い致します!!

最後に、今年も(!)年賀状を書く時間がありませんでした
これも、ごめんなさい!
ブログを借りてお詫び申し上げます

では、では、皆様よいお年をお迎えください!!
by ouchiyama-archi | 2007-12-30 14:36 | 窓・扉・開口部

トズールの扉 (トズール) <チュニジア>

トズールの旧市街で見つけた扉
日干し煉瓦と古びた扉と模様を描く錨
e0040345_9164655.jpg
e0040345_9165995.jpg


そして、路地で出会った姉妹弟達の、お家の扉・・・ノックしていました
コレはチュニジアンブルーに塗られています
e0040345_9175839.jpg

子供達はドアの開くのをまっていました

私も一緒に待って、ドアの中は、どんな風になっているのか・・・・
チラリとでものぞいて見たかったけど、
仲間はドンドン先へ行ってしまうので、あきらめました
あ~~、見たかった・・・・

ドアを開けると、中庭のようになっている・・・
玄関ホールになっている・・・・
また更にドアがある・・・
すぐお部屋(居間)になっている・・・・
さ~ぁ~・・・・どうなっていたでしょうね~


扉追加画像
e0040345_122498.jpg
e0040345_1221668.jpg

by ouchiyama-archi | 2007-12-04 09:25 | 窓・扉・開口部

パリ <扉いろいろ>

パリでの住宅は、ほとんどが集合住宅で
日本のように、都市部に2階建ての住宅が混在している姿というのは
あまり・・・というか、ほとんど見たことがありません
(ほんのちょっとの経験でエラソウにすいませんが・・・)

で、道路に面して共用の入口扉があります
それが手間ヒマかけた、すてきな扉が多いのです

ギマール設計の館の扉
e0040345_928740.jpg

同じくアールヌーボーな扉
e0040345_9283895.jpg

どちらかといえば、アールデコな扉
両脇のタイルもグラデーションをつけて、なかなか凝ってます
e0040345_92936.jpg

お地蔵さんをデザインしたような扉
e0040345_9292898.jpg

by ouchiyama-archi | 2007-03-05 09:31 | 窓・扉・開口部

モン・サン・ミシェル  <扉いろいろ>

モンサンミシェルの修道院で色々な扉を採取
それを一気にご紹介します
e0040345_94964.jpg

e0040345_942212.jpg

e0040345_943670.jpg

e0040345_945124.jpg

e0040345_951272.jpg

e0040345_952676.jpg

e0040345_953860.jpg

e0040345_955279.jpg

情報が重たくなりすぎたでしょうか・・・・

こうやって見ると、時間というスパイスを振りかけて、味わいが出ています
何しろ壁が石という素材ですから、それに負けないような扉でなければ・・・・
by ouchiyama-archi | 2006-11-02 09:07 | 窓・扉・開口部

サンティアゴ・デ・コンポステーラ <扉>

昨日の「迷子」は、正確には「オイテキボリ」・・・が正しいとご指摘あり
そうだよね~
置いて行かれちゃったんだから・・・

でも、「迷子」の称号は消えないんですよ、仲間内で・・・

海外で、グループから離れてしまった時・・・・その場所を動くな・・が鉄則です
私達は2人でしたから、1人がじっとしていて、1人が広場から色々な小道を辿ってみました

丘へ通じる道、バスの大駐車場へ通じる道、街の中へと至る道・・・・
しかし昨日も書きましたが、たった数分のことだけど、
仲間は広場を出てすぐ、道の角を2つ以上曲ってしまったので、
見つけ出すことはできませんでした(何しろ、見通しが利かない)
仲間が忽然と姿を消した・・・という表現がピッタリな出来事でした

その日は連泊の日でしたから、もう諦めて、好きにしようか・・・と思った頃
ようやく広場で、探しに来てくれた人と出会うことが出来ました
一人はじっとしているつもりでも、そうとうウロウロしてたみたい・・・・

他の仲間は、カフェでワインやコーヒーを飲んでゆっくりできたよ~
・・・と言ってくれたのが、せめてもの慰めでしたが・・・

いいことなのか、悪いことなのか、こんな突発事があると、かなり印象に残ります

さて、今日のお題の扉、無垢の木と飾り鋲が印象的
e0040345_8522010.jpg

広場近くのお店の入口です
ついでに、広場に面したパラドールの中庭
e0040345_8532111.jpg

とても雰囲気のあるところで、次回は是非、ここに泊まりたい~
by ouchiyama-archi | 2006-10-04 08:54 | 窓・扉・開口部

リトアニア <砦の中>

長く続けてきた 「バルト3国旅報告」 も今日でお終いにしようと思います

今日は砦のなかの扉に注目
e0040345_8582865.jpg

e0040345_8584152.jpg

木製の手摺&階段です
e0040345_859998.jpg

by ouchiyama-archi | 2006-08-22 09:00 | 窓・扉・開口部



建築のこと、住まいのこと、大好きな猫・雑貨・旅行のことなど、なんでも思いついたまま綴っていきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール&リンク
女性建築設計者10人が集まって、ホームページを作っています。私も参加しています。どうぞ下記クリック!
http://www.geocities.jp/sumaitukurou/index.htm
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧